2016年3月26日土曜日

保有カードのリストラ

AMEX に入会したのを機に、既存の保有カードのリストラを行った。

ずっと死蔵されていた NICOS の VIASO カードを解約。電話の自動応答だけですべてが済んだ(ただし、暗証番号が必要)。
→カードを細断

今月一杯で無効になる au じぶんカード(UFJ)
→カードを細断

両方とも国際ブランドは VISA で、NICOS の吸収合併により三菱東京 UFJ 系のカードということになる。NICOS の時はそれなりに Travel & Entertainment 色があって感じが良かったのだが、三菱東京 UFJ に吸収されてから、サービスがどんどん改悪されていって、ずっと様子見していたのだけど、結局、方向性が好転することはなかった。銀行系の金貸し的なケチ臭〜い雰囲気は最後まで払拭できないままだった。

AMEX のサブとして、VIEW Suica カードは今後も愛用することになるが、国際ブランドを JCB にしてしまっていたので、VISA or MasterCard ならば、AMEX の「狭さ」もカバーできるので、より適切な気がした。そこで、国際ブランドの切り替えを狙って、VIEW Suica (MasterCard) を申し込んでみた。
→審査待ち

楽天カードは国際ブランドを JCB にしておいたので、(使ったことはないが)いざとなれば nanaco にもチャージできるし、ポイント率は 1 % だし、楽天ポイントは地元の浦和パルコ地下の大丸フードマーケットで消化できるし、70 万も枠があるので、全く想定していなかったのだが、意外と自由度が高いので、しばらくは保持しておいてもよさそうだ。その上、無料で 3 年間の入院保険まで勝手に付けてくれたので、即解約はしなくてもいいだろう。
→ 3 年間は 2 軍要員としてキープ

逆に、計画的に au じぶんカードからの移転先として選んだ Yahoo Japan! カードだったが、ポイント率 1% と言っても、それ以外のキャンペーンで増量される期間限定ポイントは期間×場所も限定のとても消化し辛いポイントで、そこのところに楽天の期間限定ポイントとの決定的な差異がある。さらに、VIEW カードの MasterCard への切り替えに成功したとしたら、Yahoo! Japan カードが僕の保有カードの中で唯一 VISA or MasterCard のカードであるという優位点は薄れることになる。基本的に Yahoo! Japan カードは、楽天カードと非常に立ち位置の被るカードであり、国際ブランドは JCB にして nanaco チャージで 1% のポイントを狙うのに適したカードだから、僕のカードが JCB でない点は今となってはイマイチなポイントである。年会費無料なので、キープだけしておいてもいいかもしれないが、「選択と集中」的な発想からすれば、僕の保有カードの中では一番立場が微妙なカードとなっている。
→ VIEW カードの国際ブランド切り替えの結果次第

0 件のコメント:

コメントを投稿