2016年5月3日火曜日

楽天カード(JCB)でドトールバリューカードへクレジットチャージする方法

楽天カードの中で唯一 nanaco にもチャージできて、ほぼ万能の活躍をしてくれる JCB 版の楽天カード。

これは楽天(JCB)の弱点ではなく JCB の弱点なのですが、一つだけ残念なことに、ドトールコーヒーのバリューカードのクレジットチャージが、VISA、MasterCard のみ対応で、JCB は扱ってくれません。JCB 側が悪いのではなく、バリューカード側の仕様によるものです。ドトールのお客さんには、普通に JCB カードを所持している人も VISA、MasterCard と均等に存在するような気がするので、客側視点だとこれはかなりいびつな感じがします。バリューカードの運営会社が三井住友 FG 傘下のセディナということもあって、多分に業界の勢力構造や、コスト計算などによる、企業内部の利害に基いた判断の結果なのでしょう。

ところが、楽天カードは、国際ブランドに JCB を選んでいるということからくるこの弱点を、アッサリと乗り越えてくれました。

その答は「楽天バーチャルプリペイドカード」です。チャージしたい金額(例えば 3000 円)のバーチャルカードを楽天(JCB)払いで購入し、購入したバーチャルカードで、ドトールのバリューカードをクレジットチャージすれば ok です。

楽天(JCB) → 楽天バーチャルプリペイド(MasterCard) → ドトールバリューカード

楽天バーチャルプリペイドカードは MasterCard の扱いなので、「VISA か MasterCard」が条件であるバリューカードにチャージできてしまうわけです。

バーチャールカードの購入時にクレジットカードの利用ポイント 1% が付くので、バリューカードの方の還元率 5 〜 10% に上乗せで、合計 6 〜 11% の還元率を達成できます。

これで、ドトールのバリューカードのためだけに、VISA か MasterCard を他に 1 枚キープする必要はなくなるので、保有カード枚数の抑制にもつながります。

楽天カード(JCB)の万能ぶりを見せ付けられた一件でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿