2017年2月19日日曜日

オブジェクト指向プログラミングと構造化プログラミング

オブジェクト指向プログラミング(OOP)と構造化プログラミング(手続指向)を対立する概念だと思っていたが、どうやら間違っていたようだ。

詳細は別の機会でもあれば書くかもしれないが、両者は共存可能、というか共存させるのが適切だと思った。

この結論に達することで、メソッド定義の private と public、static と dynamic の使い分けもはっきり線引きできるようになったと思う。

  • 構造化プログラミングは static で、そのうちのサブルーチン部分は private、メインルーチンは public。
  • オブジェクト指向プログラミングは dynamic で、オブジェクトの操作に関するインターフェイスとしてのメソッドは public。

大ざっぱな分け方としてはそんな感じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿