2018年7月23日月曜日

失笑

ヤフーのニュースを見ていたら、ふと、こんな毎日新聞の記事が目にとまった

早川、新実2元死刑囚 謝罪の手記 死刑制度には疑問も』2018年7月23日18時04分

早川元死刑囚は6月7日付の手記で、死刑制度について「国民が殺生のカルマ(業)を負うので、やめるべきと思います」と指摘。

新実元死刑囚は……死刑については「どんな悪人であろうが、生きて償うことの方が、慈愛に満ちた行為の選択」「私は自分の命を大切にし、他者の命を大切にすることを誓願します」などと執行への疑問をつづった。

『死刑制度について「国民が殺生のカルマ(業)を負う』ことはない。このようにいまだに、似非宗教のカルト教団の人間は、仏教の根本概念であるカルマの理解すら無茶苦茶である。

また、少なくとも、毎日新聞の記者の書きようでは、新実元死刑囚(早川元死刑囚もだが)が自らへの死刑の執行を避けたがっている様子が伺える。本物の仏教徒であれば、輪廻転生は疑問の余地もないことなのだが、もし彼が輪廻転生を思考の前提とする人間ならば、潔くとっとと死刑になって来世以降でやり直せばいいではないか。この潔くない態度からは、輪廻転生が彼の思考の前提に組み入れられていないことは明らかである。

これならば、死刑に臨んでの潔さの点では、宅間守の方がずっと潔かったではないか(とはいえ、彼が輪廻転生を思考の前提としていたかどうかは甚だ疑問だが。来世で地獄確定なことをやるわけないから)。


こういう死刑廃止に対する人道主義の問題は、あくまでも、世間の善良な一般市民の側からの声として尊ぶべきものであって、凶悪犯罪を犯した悪人の側が自らの命惜しさのために、口にするべきものではない。そもそも毎日新聞の記者は、犯罪者にそのようなセリフを述べさせたものを記事にしたためて、それで世間の善良な一般市民を説得させられる論になると考えているのだろうか? そう考えたから、記事にしたのだろうけど……。

善良な一般市民の側の敬愛の対象となる人々、お釈迦さまとか天皇陛下とかローマ法王とか、そのような側の人々が、いくら相手が悪人だからといって、死刑にして殺すのは忍びない、殺生のカルマは避けたい、そういう意見や態度を示されるのであれば、我々はそうだ、見習おうと思うのだ。なぜ、悪人の側の意見によって、善良な一般市民の側が説教されなければならないのか。毎日新聞の記者は、何がやりたいのか。

JRE CARD

申込初日に店頭で申し込んだ JRE CARD を今日受け取った。

券面デザインはとても良い。元々はプロパーの VIEW Suica カードにしていたのも、プロパーカード的なデザインなら許せるが、Bic Suica だとかの提携系の券面はキモくて、それがいくらポイント的に有利だとは知っていても、デザインが許せないのただ一点の理由で避けていたからだった。

とはいえ、地元の駅にアトレが入り、さらには昨今の JRE ポイント統一化の情勢で、流石にアトレビューカードへの乗り換えも考えざるを得なくなっていたが、そのタイミングで JRE CARD が発表されたので、受付の開始を以前から待っていたのである。アトレビューと違って、券面デザインもプロパー系の洗練された系のものにしてあるし、本当に良かった。

実際に使ってみて、注意したいのは、ポイントの計算方法。JRE CARD 加盟店(アトレ、グランデュオ等)で付くポイントは、買物毎の計算で、100 円毎に 3 ポイントで、0 ~ 99 円分の端数は切り捨て。さらに税別の本体価格に対する計算なので、一般のクレジットカードのポイント還元率で言うところの 3% よりは、やや少な目になる。

カードの毎月の利用総額に対して付与される 0.5% 分のポイントは通常通り、税込価格に対する計算になる。


あとはお役御免となった VIEW Suica の方の残額を絞り出してから、解約の流れ。

2018年7月11日水曜日

生体認証キャッシュカード

今日、時間があったので、みずほ銀行の IC キャッシュカードに生体認証を登録してきた。

指 2 本なので、埼玉りそな銀行と同じく、右手の人差指と中指にした。窓口では左右別の手にした方がいいとも言われたが、埼玉りそな銀行と共通にしておくことにした。

続けて、ATM で設定を操作して、IC 非対応・対応の非生体認証 ATM での引出・振込限度額を 0 円にし、生体認証対応 ATM での引出・振込限度額を MAX(引出:500 万円;振込:900 万円)にしておいた。

確か、埼玉りそな銀行の場合はセキュリティが厳しく、限度額の変更は下げるのは自由だが、上げる方は窓口でないとできなかった気がする。みずほ銀行では、生体認証時には、ATM 操作で限度額の変更が自由にできるように配慮されており、便利。

ちなみに埼玉りそな銀行では生体認証の場合は暗証番号は不要なのだが、みずほ銀行では暗証番号+生体認証となっている。そこはみずほ銀行の方が不便。

2018年7月1日日曜日

蛇形の何か

ちょっとした不思議な話や霊感の話 その7」より

息子が小学生だったときの、今でも忘れられない不思議な体験。

運動会の1週間前に、急に息子の左足の調子がおかしくなった。
どこへ行くにも左足を引きずっていて、非常に歩きにくそうにしていた。
見た目に異常はないし、怪我をしたわけではなさそうだった。
一応病院に連れていったけど、お医者さんもなにもないと言う。
もしかして運動会が嫌でわざとやってるのか、と思ったけど、
息子は運動神経がいいほうだし、前年はリレーのアンカーだった。
それに、「運動会休む?」と息子に聞いても、「ううん」と答えたので、
休みたくてわざと足をひきずっているわけでもなさそうだった。

心配しつつも、息子の希望もあって、運動会には出ることになった。
運動会当日、なんとか午前の部が終わり、昼食を挟んで、息子の出番は午後のリレーだけ。
お昼は、お弁当を息子のお友達家族と一緒に食べた。
食べ終えて、息子と友達が遊びに行こうとして立ち上がったとき、
お友達のお母さんが、「蛇がついてるよ」と言って、息子の左足をパッパッと払った。
すると、息子の足は突然回復。息子も私もびっくり。
友達のお母さん曰く、「変なところで遊んで、連れてかえったのではないか」、と。
そのあと、息子はリレーで順調な走りを見せて、息子のクラスは一等になった。

それ以来、息子の左足はなにも異常を見せることなく、
多分、息子はこんなことがあったことさえ忘れている。
けれども、私は今でもときどき思い出してぞっとするくらい怖くて、
息子が高校生になった今でも、変なところへ行かないよう注意してる。

白蛇A子」の例でも解説したように、これもまた、「蛇形の何か」に関する話である。