投稿

8月, 2023の投稿を表示しています

神智学系の死後観・輪廻転生観を添削する

イメージ
前回、神智学の 7 層構造の世界観・人間観について、独自の分析を行った(「 神智学の元ネタを推理する 」)。今回はそれを踏まえて、死後の世界や輪廻転生モデルについて考察してみたいと思う。 神智学系の死後観・輪廻転生観というものは、歴史的にも、幕末・明治以降の近現代日本の神道系・仏教系双方の心霊観(≒スピリチュアリズム)に直接・間接に影響を与えている。なので、神智学の死後観・輪廻転生観をテーラワーダ=パーリ仏教の観点から添削するということは、単に「他山の石」を評価するだけでなく、我々現代日本人という「自山の石」の問題として評価することを意味している。 神智学(ブラヴァツキー)の仮想敵 神智学(ブラヴァツキー)が第 1 に敵視しているのは、教会によってヨーロッパ社会において歴史的に運営されてきた伝統的なキリスト教(神智学はこれを「顕教キリスト教」と呼んで、彼らにとっての本来のキリスト教=「秘教キリスト教」と区別する)である。身内間の遺産争いのようなもので、日本の宗教界の例で言うと、創価学会と日蓮(正)宗の間の争いのような距離感に近いかもしれない。 第 2 に敵視しているのは、唯物思想である。こちらに対しては、「顕教キリスト教」に対するホットな敵視と違って、冷い軽蔑のようなものに近い。 今回のメインテーマは死後観・輪廻転生観なので、どちらかというと後者の唯物思想に対してどのようなモデルが存在するのかということが中心となるのだが、まず先に、仏教の観点から、前者の「顕教 vs 秘教」について、僕の見解を述べておく。 顕教 vs 秘教 神智学では、各社会の中で伝統的に運営されてきた状態の宗教をキリスト教にせよ、イスラームにせよ、ユダヤ教にせよ、仏教にせよ、顕教と呼び、それは形骸化していて、本来のエッセンスを失っていると考える。それに対して、本来のエッセンスとしてのものが秘教(としてのキリスト教や仏教等)であり、秘教はただ一つの共通する宗教だと神智学は言う。つまり、「信じる・信じない」の(顕教的な)宗教ではなくて、秘教というものは自然科学の理論と同様に、この世界の「真実」だから、と。 まあ、その「秘教」なるコンセプトについては、とやかく言うつもりはない。だが、本当に、神智学が語っている、創造神話や、7 の聖数構造論などが、その世界の「真実」たる秘教に該当する

神智学の元ネタを推理する

イメージ
神智学の 7 層構造のアイデア元 結局アイデア的には、カバラの「生命の木」が元ネタなのではないのかと思い付いた。もちろん、部分的に「カバラでは◯◯に相当する」などという説明のされ方は珍しくはない。神智学は、「あらゆる宗教のエッセンス」を標榜しているのだから、カバラに限らず、あれやこれやの宗教を引き合いに出すスタイルなのだから。そうではなくて、そもそもブラヴァツキーが『シークレット・ドクトリン』を著すにあたって、アイデアの骨幹的に「生命の木」の換骨奪胎がルーツになっているのではないのかということだ。 インターネットを探しても、「生命の木」と、神智学の体系を対応付けた神智学協会系の公式の資料というものは、見あたらなかったが、これはむしろ骨幹的な元ネタだけに、むしろブラヴァツキー自身によって、秘されていたのではないかと思う。大乗仏教の偽典のように、埋蔵経のような形式で、神秘めかした方が、権威を捏造できるからだ。 ブラヴァツキーが、マハトマ(クートフーミ大師とモリヤ大師)からの啓示という形式を用いていたこと、「マハトマ書簡」という、サイババのやり口のような手品を使った演出で印象操作をしていたことなど、彼女の顕示的な性格から、骨幹的なアイデアの元ネタを秘しても、不思議ではない。 神智学の 7 層構造と「生命の木」の 10 のセフィラとの対応付け 難しいのが、神智学は基本的に 7 層構造で体系付けられ、一方のカバラの「生命の木」は、10 のセフィラで構成されているという点である。 まず、最初に思い付くのが、3 + 7 = 10 ということである。セフィラの最上部の三角形=至高の 3 つ組(ケテル・コクマー・ビナー)を別枠で考えれば、残りは 7 である。この 7 が、神智学の「何でも 7 種類に分類する」ものと対応させられるのではないかと。 しかし、神智学の 7 層構造の上から 1 番目のアーディ界や、2 番目のアヌパーダカ界を、「生命の木」の 4 番目のセフィラ(ケセド)や 5 番目のセフィラ(ゲブラー)に割り当てても、全くしっくりこない。 そこでしばらく腕組みして「生命の木」を眺めていたのだが、セフィラの個数ではなく、縦方向の配置が、ちょうど 7 層構造になっていることに気付いた。これは、大発見である。上述したように、神智学で(ブラヴァツキー)は、7 層

遺骨を食べる

イメージ
動画 2 話目: 248:本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 00:58:01 ID:EInYraJv0 先日亡くなった、友人Aの話。 当時小学生だったAの父方のお祖母さんが亡くなった時、叔父さんが骨壷を持って逃げた。 すぐに捕まったらしいが、「どうしても欲しくなって、気がついたら抱えて走っていた」と言ったそうだ。 母親の遺骨を形見に欲しいというんじゃない、骨壷の入った袋を抱えて連れ戻された叔父の姿は、それまでの彼とは別人のようだったらしい。 明るくよく笑う人だったのに、つい数時間前に式場で話した時とは明らかに顔色が変質していたんだと。 それから数年が経ち、3年前Aの叔父は事故で亡くなった。 件の日から徐々にやつれていった彼は、運転中に貧血を起こしたのか運転を誤ったようだ。 そして叔父の葬儀の後で、やけに青ざめて顔色の悪いAが俺の家に来て前述の出来事を話してくれた。 俺はそれがお前とどう関係があるんだ、と嫌な予感を覚えながら訊いた。 するとAは目をあちこちに彷徨わせながら、ポケットから歪な赤茶けた塊を出した。 大部分は黄色がかった白で、ところどころに赤茶が散ったそれはかすかに異様な臭いを放っていた。 Aは、泣きそうに震えた声で「叔父さんの骨、取ってきた…」と告白した。 本人もよく分らない衝動だったそうで、骨壷から取ってきた一欠けらの骨をAは掌で明らかに持て余していた。 なのに、絶対に手放そうとはしない。 それどころか、定まらない視線で骨を見てはどうも咽喉を鳴らしている。 Aはずっと理解できなかった叔父の奇行の意味が今なら解かる気がすると、とうとう泣きながら呟いた。 249:本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 00:59:19 ID:EInYraJv0 「これを、食べたい。食べたくて食べたくてしょうがない。気持ち悪いのに」 どう見ても尋常ではなかったから、俺は慌ててAの手から骨を引っ手繰り「しっかりしてくれ」と怒鳴った。 でもAは子供みたいに頭を振って泣き、俺から骨を取り戻そうとする。 普段はのんびりとして運動神経もそれほどよくないAが、涙で汚れた顔を歪めて飛びかかってくるなんて思ってもみなかった。 呆気に取られて

都市ボーイズはやせが訪れた「2 体の龍が上空 500m で旋回している」神社

イメージ
以下の動画は、早瀬康広(都市ボーイズ)と植松創(モヤイチューブ)が、とある都市伝説を確認するために取材したものである。 早瀬たちは結局、本来の取材目的である都市伝説の「窓が無い家」は確認できずに終っているが、調査の過程で登場した「【テレビNG】メディア取材拒否の謎のスポット」である神社が、注連柱の参道や、拝殿前の四角い部分など、静謐な雰囲気が伝わってきて、興味をそそった。動画では取材者である早瀬たちは口止めにより詳細情報が伏せられてしまっていたが、僕は写真等から独力で特定することができたので、ここに情報をまとめておく。 この神社は、横浜市戸塚区にある、 瑞穂神社 のようだ。山蔭神道というかなり最近(1954 年)に興された神道系の新興宗教の系列の道場兼神社らしい(瑞穂神社は 1997 年創建)。 龍にお願いをするための御神木は、写真の背景から、神社の本殿の裏にある柏尾野外活動シルバー健康広場の手前側にあるものと思われる。 (復)古神道という、近代以降の西洋の心霊主義の影響を直接・間接に受けた系統の神社なので、実は、古代から歴史的に自然物を御神体として祀ってきた神社(ex. 諏訪湖を祀る諏訪大社、見沼を祀る氷川神社、火山を祀る浅間神社)というわけではなく、主祭神も太元霊「天之御中主大神」、配神として水の神「丹生都比売神」と火の神「火産霊神」を置き、社名も「水火」に由来するとのこと。中国伝来の陰陽道的な抽象概念を神格化した神を祀っているような印象である。 ということは、「上空 500m で旋回している龍」というのも、陰(水)と陽(火)をシンボライズしたものが、太極マークのような形を描いているということなのだろうか。 ちなみに、精霊獣としての龍・ナーガは水神の一種で火の性質は持たないし、陰陽的な概念や気(エネルギー)をシンボライズした存在ではない。もっと自然の生命的な存在である。 首都圏にある神社なので、ぜひ、近隣に住む霊能力のある人には、現地に行って検証してもらいたい件である。そこにあるのはエネルギーの渦なのか、それとも、精霊獣的な生き物としての龍が本当にいるのか、どちらなのか?