投稿

ラベル(学習)が付いた投稿を表示しています

need, require, want 等の目的語となる動名詞

My car needs to be repaired. My car needs being repaired. My car needs repairing. 👉「 動名詞と TO-不定詞の使い分け 」で述べたように、これもやはり、動名詞と to-不定詞の根本的違いの観点から理解すれば特に不可解なことはない。 1. My car needs to be repaired. 本質的に to-不定詞は M であり、need は自動詞として存在するから、意味上の主語は SV の S と同じである。従って to-不定詞句は受動態で表現することになる。 2. My car needs being repaired. 動名詞句 being repaired は他動詞 need の目的語(O)である。S は O に他動詞を介して働きかける関係であるから、O の意味上の主語が my car となることは S と O が一致することとなり、他動詞の原理的に有り得ない。つまり、意味上の主語は S の my car 以外の他者を意味しているので、being repaird という受け身ではなく repairing という能動表現が適切である。ちなみに、being repaird とすると、受動表現ではなく、my car 以外の他者を意味上の主語とする進行形表現となってしまう。 3. My car needs repairing. 要するにこれは My car needs someone('s) repairing. の someone が不特定の人物なので明示せず省略された表現と考えれば良い。もちろん、repair する人物が特定している状況においては当然、My car needs the mechanic's repairing. という形の表現となるだろう。

動名詞と to-不定詞の使い分け

動詞によって目的語に動名詞を取る場合と to-不定詞を取る場合、両方を取る場合がある。 動詞+動名詞 動詞+to-不定詞 両方(意味は同じ) 両方(意味が異なる) このような分類を受け容れると、結局はそれぞれの動詞群を暗記するしかなくなる。動名詞と to-不定詞の根本的な違いで理解するならば、そのような必要はなくなる。 1. 動詞+動名詞 ex. avoid, deny, enjoy, finish, mind, stop この場合、本質的に動詞は他動詞であり、SVO の O として動名詞が存在する。なので、O の具体的存在感が重視される。 2. 動詞+to-不定詞 ex. afford, expect, hope, pretend, wish この場合、本質的に動詞は自動詞であり、SVM の M として to-不定詞が存在する。なので、SV によって叙述が一応完結し、to-不定詞は付加的情報としての漠然とした曖昧模糊とした存在感となる。 3. 両方(意味は同じ) ex. begin, continue, like, start 日本語に訳す場合に同じ表現になるというだけで、本当は違うことになる。 4. 両方(意味が異なる) ex. forget, remember, regret, stop SVO か SVM かの違いが、「過去〜現在」の具体性か、「未来」の漠然性か、という違いを生むことになる。 要するに 4 ケースに分けてそれぞれの動詞群を暗記するようなことをする必要はなく、単に、「動詞+動名詞(SVO)か、動詞+to-不定詞(SVM)か」ということを理解していれば良い。

動名詞の意味上の主語

Do you mind my smoking? Do you mind me smoking? 動名詞の意味上の主語が、「述語動詞の目的語との混同で目的格(この例では me)となる場合がある」という説明がよくされるが、間違っている。 後者の smoking は動名詞ではなく、分詞であり、目的語 me を修飾する形容詞である。名詞と形容詞の区別は極めて初歩的な物事のはずだが、それができていない場合は、たとえ英語の専門教育を受けていて教育に携っているような人であっても、解説の方は信用してはならない。ただ、その道の情報について博識だというだけの話。 私の喫煙行為を気にしますか? 喫煙する私のことを気にしますか? そもそも、より本質的なことを言うと、「動名詞」なんて分類もおかしな話で、あくまでも分詞、そのうちの名詞的用法に過ぎないわけなのだが。

疑問詞+to-不定詞

I don't know what to do with him. 特別視する必要はなく、単なる名詞+不定詞(形容詞的用法)である。 彼と一緒にするべき何か(を、私は知らない) 要するに疑問詞 what はここでは名詞である。

日商簿記 3 級

イメージ
今日、第 152 回の 日商簿記 3 級試験 を受験してきた。 自分は、商業高校出身でも、経済・商学系の大学出身でもない門外漢の理系人間。ゼロからの完全独学独習。勉強期間は 2 ヶ月足らず。 解答時間は 35 分程度だった。満点狙い。 3 級はおそらく、商業高校の生徒なら、多くが在学中に 2 年生くらいの時に(高得点とは限らないまでも)合格してしまうのではないだろうか? 2 級の方は経済・商学系の大学では推薦入学の要素にもなることから、商業高校の生徒でも優秀な生徒に限られるとは思うが。 使用した参考書・問題集は以下の 2 セットのみ: 公認会計士よせだあつこのパブロフ流シリーズ 『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 テキスト&問題集 第4版』(2019-02-20) 『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級 総仕上げ問題集 第3版』(2019-02-20) 中央経済社の検定簿記シリーズ 『検定簿記講義 3 級 商業簿記〔2019年度版〕』(2019-02-27) 『検定簿記ワークブック 3 級 商業簿記』(2019-02-27) まとめ 今 152 回から 3 級は大きく試験範囲が変わり、自営業向けだった内容が株式会社向けとなったので、参考書・問題集はちゃんと新しいもので揃えるというのがポイント。 上に紹介した 2 セットのものは、それぞれかなり性格が異なった毛色のものを組み合わせた。おそらく、それぞれが強調する視点が異っているので、片方だけでは、独学での満点狙いは厳しかったかもしれない。 結果 満点逃しました……orz 敗因 「455」を「445」と書き写しミスしたこと「のみ」による。これが満点を奪った、たった一つのミス。 書き間違えた「445K」をベースに貸倒引当金の計算も行っているため、そこから派生した項目も影響を受けて、おそらく別の採点対象の項目も巻き添えを食ってしまい、計 -6 点となったものと思われる。 合計が合わなくなるミスであれば、気付くことはできたはずなのだが、これは貸借対照表と損益計算書の両方にセットで使われる値だったため、矛盾が発生せずに、気付くことにはならなかった。 パブロフ式の著者さんでも見直し無しで解答時間が 48 分( 参考 )のところを、自

スマホが学力を破壊する

川島隆太『 スマホが学力を破壊する 』(東京、集英社、2018-03-21) スマホの使用によって直接、脳の機能が低下している。 スマホにかまけて勉強時間や睡眠時間の減少を招き、勉強時間や睡眠時間の不足が学力低下を招くという形の、間接的な影響ではないことがわかった。もちろん、スマホに長時間を費やすと、必然的に勉強時間や睡眠時間の減少も起こり、脳機能の低下とダブルパンチで悪循環となり、学力が顕著に低下する。 脳の機能低下は、前頭前野の抑制という形で起っている。これは、スマホに限らず、ゲームやテレビなどの、IT デバイス全般にあてはまる。紙のメディアではこのような悪影響は起こらない。 また、マルチタスキング(ながら行為)も学力の低下の影響が大きい。 ただし、著者は、マルチタスキングと前頭前野の抑制との関連性には何も触れておらず、ただ両方を並べて提示しているに留まる。 最後に記したように筆者は「マルチタスキングが悪い」「前頭前野を抑制する IT デバイスが悪い」とバラバラに「あれは悪い、これも悪い」という段階の提示で留まっている。その辺りをちゃんと考察してみるならば、 IT デバイスは前頭前野を抑制し、思考能力を鈍麻させる(言葉通り「阿呆」な状態にするわけだから「デジタル阿片」とでも呼ぶべきか)という直接的な悪影響効果がある。 一方、マルチタスキングや、オンラインゲーム、LINE などのソーシャルアプリと、スマートデバイスは、依存性を高める効果がある。スマホが悪いと「わかっている」つもりでも、口先でそう言う当人は、止めることができない。酒、タバコ、麻薬の依存症と全く同じである。手元にスマホがあると、頭で良くないとわかっていても、手が伸びて触ろうとしてしまうのである。24 時間体制で変動のあるソーシャルアプリやオンラインゲームも、心のどこかで常にその物事に心が釘付けにされている。

一石二鳥は諸悪の根源

飛行機の搭乗手続におけるオーバーブッキングのケースについての記事「 なぜ全日空は定員オーバーで飛ぼうとしたのか? 」で「一石二鳥は諸悪の根源」という設計工学の考えが紹介されていた。 設計工学の世界には「一石二鳥は諸悪の根源」と考える学派がある。一つの部品に複数の役目を負わせると、事故はそこから始まることが多いのだ。 …… ミスをなくすには、「一人二役」を分離することが望ましい。 僕はこれを設計工学特有の話としてではなくて、むしろ「設計工学でもそういう風に言われているんだ」と思った。 中学数学の1次方程式で、やり方は一応授業で習って理解できているのに、実際に問題を解く場面で計算ミスを多発してテストで失点する生徒というのは、移項(加減)と x の係数を 1 にする計算(乗除)を一緒くたにして暗算しようとするのが原因であるのが多い。こういう子供には、移項と x の係数を 1 にする計算は途中式を分けてそれぞれのステップできっちり書いてやるべきだと強調することになる。まさしく上の引用の通りだろう。 同じようなことは、プログラミングでの、メソッドの定義にも言えるだろう。一行のコードで魔法のように処理が済むコードを考えたくなるのは山々で、特に、Perl で正規表現などに懲るとそういう傾向が増進されるのだが、Java でシンプルなループを記述した方がメンテナンス性も良いコードになるものである。このあたりが、関数型とオブジェクト指向の違いだろう。関数型は一石多鳥を目指す指向と親和性が高く、オブジェクト指向は一人一役に分けていく指向と親和性が高い。