投稿

ラベル(神通)が付いた投稿を表示しています

暴走する天耳通

イメージ
動画 4 話目: 437:本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 01:53:32 ID:PMxL+OOaO 俺の親類には怪談好きが多かった。祖母や叔父などは、ねだれば幾つでも話してくれたものだ。中でも俺のお気に入りだった語り部は、年上の従姉妹だった。 この人が変わり者で、普段は無口だが気が乗れば話し巧みにオカルト色たっぷりの怪談奇談を聞かせてくれた。静かな口調で語られる怪奇は俺を怖がらせると同時に高揚させ、聞き入りながらそこらの物陰に何か潜んでいるような気がしたものだ。 今から話すのは、どこかからの帰り道、夕暮れの中歩きながら従姉妹が話してくれた奇談のひとつ。 従姉妹は子供の頃、線路沿い並ぶ住宅地の一角に住んでいた。あたりには所狭しと民家や商店が立ち並び、常に何かしらの騒音がしていた。がらくたをぶちまけたような場所だが、子供にとっては遊び場に困らないところであったようだ。従姉妹は毎日あちこちを探索して廻った。 トンネルを見つけたのはそんなある日のことだった。土手になった線路の斜面に、生い茂る草に隠れるように口を開いた穴。ひとりで暇を持て余していた従姉妹は早速入ってみた。トンネル自体は長さ十メートルに満たない、土手の反対側に繋がる小さなものであったらしい。 トンネル内部はコンクリートで造られ、暑い日でも薄暗くひんやりとしていた。電車が頭上を通過する以外は外の世界から隔絶されたように静かで、従姉妹はそこを気に入り自分だけの秘密の場所にした。 439:本当にあった怖い名無し:2006/01/28(土) 01:56:11 ID:PMxL+OOaO そのトンネルは通りのすぐ脇にあったにも関わらず、何故だか誰も立ち入らない。従姉妹がトンネルから外を眺めていても通りを歩く人たちは一度も気づかなかった。 また、そこにいるといつも時間が早く過ぎるようで、日暮れを告げる市役所のチャイムをうっかり聞き逃すことも珍しくなかった。 ある日、トンネルの壁にもたれ掛かりうとうとしていた従姉妹は、どこからか話し声が聞こえるのに気づいた。身体を起こすと何も聞こえなくなる。不思議に思いながら、壁に寄りかかると再び声が聞こえた。壁に耳を当ててみると、先ほどよりはっきり聞き取れるようになった。 それはどうやら二人の

音楽学校講師の天耳通

イメージ
動画 1 話目: 798:本当にあった怖い名無し:2014/06/06(金) 05:29:43.72 ID:s0yHQWveW[1/4] 私が通っていた音楽学校は、お稽古事としての音楽教室の他に、音大受験コースがありました。  その受験コースには4人の先生が常勤していて、  A先生は、一番の古株。表面上は優しく見えますが、陰険で嫌味連発。気に食わない生徒には厳しく当たり散らすと評判でした。  B先生は、とにかく厳しいと評判でしたが、その分、音大合格率が群を抜いていました。  C先生は、A先生の弟子。全く叱らない先生で、いつもニコニコしていますが、良くも悪くも生徒に深入りしないと評判。  D先生は、こわもて。変な体育会系というか、上下関係にうるさく理不尽と評判。生徒潰しで有名でした。  私は、なんとかしてB先生のクラスに編入してもらえました。  評判通り、B先生はとても厳しくて、レッスン中に悔し涙をこぼしたことも何度かあります。  それでも3ヶ月ほどB先生のレッスンを受けているうちに、私の中に変化が起きていました。 799:本当にあった怖い名無し:2014/06/06(金) 05:30:54.01 ID:s0yHQWveW[2/4] 実は私、小学5年ぐらいから、週に1回のペースで金縛りに遭っていたのですが、 B先生のレッスンを受けるようになってから、金縛りを一度も起こしてないことに気付いたのです。  7月の夏休み前にサマーパーティーがあるのですが、そこで私は冗談めかしてB先生に言ってみました。 「B先生のレッスン受けてから金縛りなくなったんですよ。先生って凄いですよねー。オバケも逃げていくんですから」  B先生はドキッとした顔をした後に、 「それは君が人間的に成長したからだよ。ただ、ひとつだけ。君の部屋に古いダンボール箱あるよね? それは早く捨てておきなさい。使う用のない箱を部屋に置くのは良くないよ」  私は(え? 先生、何言ってんだろ?)としか思わなかったのですが……  帰宅して確認してみると、たしかにタンスの上に中くらいの段ボール箱が組み立てられたまま、放置されていました。  小4の時、この家に引っ越してきた時のもので、それ以来、置きっぱなし……  

神隠しというよりは神足通か

イメージ
711:本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 12:45:08.87 ID:EEZ2lDiO0 身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。 私が中学生の頃、友達と一緒に、近所の稲荷祭りに出かけました。 小さい境内に似合わず、人もたくさんくる賑やかなお祭りで 準備はもちろん、出店もほとんど、近所の人たちでやっているので 少しくらい帰りが遅くなっても大丈夫なので(最後には誰かしら一緒に帰ってくれる人がいる) 私は毎年遅くまで居座っていました。 その年も、夜9時くらいにお祭りが終わり、近所に住む友達と一緒に 後片付けを手伝っていたのですが、最後に、残った生地でお好みを焼いてもらったので お稲荷様におすそ分けして、友達とお社のまえに設置された椅子に座って、わいわい食べていると 「○○(私)ちゃん○○くん、そろそろ帰るべし、いっしょにあんべ~」と呼ばれました。 はーいと返事したのですが、呼んでくれた近所のおいちゃんは気付かず 私たちの名前を呼び続けていました。 おかしいなと思って、立ちあがって、大きめの声で返事しながら手を振ったのですが おいちゃんは気づきません。 それどころか、「○○と○○、どこさいったか知らねぇか?」と、他の大人に 聞いていてまわりはじめていました。 こんなに近くにいるのにと思いながら、急いでゴミを袋に入れて おいちゃんのところへ行こうとしていたら、おばちゃんが 「あれっ、二人して、そこで食べてたけど」って、私たちのほうを指さして言ってました。 えっと思いながら、おいちゃんとおばさんのところに、ここにいるよーって 大声だしながら走っていたのですが、ぜんぜん気づいてくれません。 肩とか叩いているのに、無視されているというかなんというか…… ちょっと怖くなって、一緒にお好み焼き食べてた友達の手をにぎったら その子は「なんだろう、どうしたんだろうね」と、首をひねっていましたが そのうち、私たちを探し始めて大騒動になってきました。 (まとまりなくてすみませn) 715:本当にあった怖い名無し:2012/02/15(水) 13:33:33.58 ID:EEZ2lDiO0 私は中一で、友達が高一