投稿

ラベル(クレジットカード)が付いた投稿を表示しています

クレジットカードの海外事務手数料

最近(2024-01-19 時点)、あちこちで Mastercard / VISA 系の海外事務手数料の値上げが発生しているようなので、まとめてみた。(税込) Mastercard / VISA エポス 1.63 参照 ポケット(Mastercard) 1.90 参照 エムアイ 2.00 参照 VIEW 2.20 参照 楽天 2.20 参照 セゾン 2.20 参照 PayPay 2.20 参照 JACCS 2.20 参照 Orico 2.20 参照 三井住友 2.20 参照 MUFG 2.20 参照 d 2.20 参照 ポケット(VISA) 2.20 参照 Gold Point + 2.20 参照 セディナ 2.20 参照 JCB VIEW 1.60 参照 PayPay 1.60 参照 JACCS 1.60 参照 Orico 1.60 参照 ポケット 1.60 参照 MUFG 1.60+0.44 参照 セゾン 1.60+0.55 参照 楽天 2.20 参照 セディナ 2.20 参照 AmEx セゾン 1.75+0.25 参照 楽天 2.20 参照 エムアイ 2.00+0.25 参照

MacBook Pro(13 インチ/タッチバー付/メモリー 16GB)購入

結局、MacBook Pro は ASCII カードではなく、ドコモ口座の VISA プリペイドで購入した。ちょうどドコモ口座がキャンペーンでキャッシュバック率が 1% → 4% になっていたのが理由。ちなみに、ASCII カード(オリコ)はポイント率 1% である。 このことで、2 年目までの補填率が 100% → 70% となってしまう。しかし、20 万以上する MacBook Pro の場合、70% になっても、依然、保険基準額は 14 万であり、どの道、補償上限の 10 万は超えてしまっている。つまり、部分的損失ではなく完全に損失した場合の話ではあるが、ASCII カードで購入するメリットはないわけである。そんなわけで、タイミング良くドコモ口座のキャンペーンがあったので、+3% を迷わず選んだ。 余談だが、実のところ自分用に買うつもりでいたはずの MacBook Pro だが、諸般の事情から結局今回は自分用ではなく身内用に買うことになった。もちろん、ASCII カードの関係上、名義は自分名義ではある。なので、この記事で、MacBook Pro を買ったと言いながら、一方で Mac ユーザーとしての話題が今後も出ないとしても全く自然なので、そこは誤解なきよう。 その MacBook Pro のセットアップだけはやってあげたのだが、タッチバー付 13 インチ版の最小スペックの CPU(3.1GHz デュアルコア Intel Core i5(Turbo Boost 使用時最大 3.5GHz)、64MB eDRAM)だったのもあるのだろうか。それほど速い感じはしなかった。今、自分が使っている 2011 年 8 月に購入した HP の 17 インチノート(Pavilion dv7-6100)は Core i7 2630QM(2.0GHz クワッドコア(Turbo Boost 時 2.9GHz)L3: 6MB)だが、それと比べて、コンパイル作業などが速い感じはしなかった。まあ、デュアルとクワッドの違い、macOS と Linux の違いもあるのだろうけど、6 年も経ってる割には、そんなに違いがないなと。 まあやはり、CPU の高速化の限界もあるし、15 インチ MacBook Pro ではなく、そもそも 13 インチの MacBook Pro であるから、

ASCII カード

イメージ
そろそろ Macbook Pro でも購入しようかと考えていたところ、 ASCII カード なるものの存在を知り、作ってみた。オリコ版(Mastercard)とニコス版(VISA)があり、海外旅行傷害保険が自動附帯という点だけではあるが優れていたので、オリコにした。 Macbook Pro のようなノートパソコンの場合、外に持ち歩くことを想定すると、保険のようなものは考えておきたくなる。とはいえ、AppleCare+ はそれなりに高くつく。AppleCare+ が念頭にあって、ASCII カードの補償内容を考えた場合、結構いいかなと思った。 例えば、13 インチ/タッチバー付/メモリー 16GBの Macbook Pro だと 220800 円(税別)で AppleCare+ は 25800 円(税別)である。AppleCare+ によって、購入後 2 〜 3 年目に自己負担 11800 〜 33800円(税別)で修理が 2 回まで受けられるようになる。 一方、ASCII カードの保証では、購入後 3 年を過ぎてからも、永久に何回でも補償が受けられる。ただし、自己負担は 1 万円で 1 万円を超えた分が補償され、上限は 1 回 10 万円。また、通常の故障に対する補償はされない。あくまでも、盗難や事故によって破損したようなケースについて補償対象となるので、AppleCare+ とは全く趣旨が異っている。 しかし、外に持ち歩くノート PC で補償を付けたくなる理由は、まさしく通常の故障ではなく偶発的な事故を恐れてのことなので、ASCII カードの補償内容でいいと思う。AppleCare+ が購入後 3 年目までで上記のケースでは 25800 円(税別)であるのに対して、ASCII カードの場合は年会費 1950 円(税別)であるから、3 年間で比較しても 5850 円(税別)となる。ASCII カードがあれば、AppleCare+ を付けようかどうか悩む必要はないと考えたわけだ。 ところで、カードが送付されて規定に目を通してから初めて気付いたことが一つだけあって、ASCII カードで購入しなかった場合は補填率 70% のところ、ASCII カードで購入した場合は補填率 100% となるという部分だが、これが購入後 2 年までという制限があった。2 年を

期間限定dポイントの裏技

イメージ
年末年始のキャンペーン( 【dケータイ払いプラス】冬のスーパァ~チャンス! )で獲得したボーナスポイントの期限がそろそろ迫ってきたので、適当に対処しておきました。 合計ポイント数は変わっていませんが、10 回の処理の結果、内訳の期間・用途限定ポイントが 500 ポイント分減って(通常ポイントと入れ替わって)いるのがわかります。 2017-03-12 追記:3月初めに、ローソンのシステムが修正され、上記裏技が塞がれたようです。(期間限定ポイントはすべて変換済ではあったものの)たった一回しか活躍の機会がなかったとは、とほほ……

ドトールの神対応! バリューカードのチャージが JCB 対応に!!!

イメージ
2016-05-03 の記事「 楽天カード(JCB)でドトールバリューカードへクレジットチャージする方法 」では、JCB から直接チャージできないドトールのバリューカードへ、楽天のバーチャルマスターカードを経由してチャージする方法を紹介しました。 今、偶然、気付いたのですが、JCB でチャージ可能になっているじゃないですか! それも、7/29 に始まったばかり。 実は、7 月 25 〜 31 日の期間限定で、LINE Pay カードのポイントが通常の 2 倍の 4.0% になっているところだったので、早速、上限の 3 万円ギリギリまでチャージしてしまいました。偶然良いタイミングで気付いたものです。 LINE Pay の件は脇に置くとして、ドトールの神対応ぶりに感心しました。 実は、5 月の時点で、上記のようなバーチャルマスターカードによる迂回策を編み出す前に、ドトールに JCB が使えるようにして欲しいとの要望を出していたのです。オンラインフォームから送信したので、こちらの文章は残っていませんが、ドトールからの回答はちゃんとメールでいただきました: Sent: Wednesday, April 27, 2016 at 5:04 PM From: support-dcs@doutor.co.jp To: xxxx@xxxxx.xxx Subject: バリューカードの件・お詫び申し上げます 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は、弊社チェーン・ドトールコーヒーショップをご利用いただきまして、誠 にありがとうございます。またこのたびは、ドトールバリューカードに関しまし て、貴重なご意見を賜りましたこと、重ねて御礼申し上げます。 しかしながら、マイドトールにてクレジットチャージを行う際“JCB”カードの ご利用が叶いませんことから、ご不便をお掛けしておりますこと、お詫び申し上 げます。 現状、同カードの導入の予定はございませんが、弊社関係部署に申し伝え、今後 の検討課題とさせていただきます。 このたびは、貴重なご意見を賜りまして、誠にありがとうございました。 敬具 株式会社ドトールコーヒー お客様相談室  僕自身がどういう言い方で要望を伝えたのか残っていないのが残念ですが、確か、「ドトールの客層だと、普通に JCB を