投稿

1月, 2024の投稿を表示しています

善趣と悪趣

イメージ
自分の仮説 梵天(不瞋) 慈悲(分け隔てのない博愛的寛容、共感能力) 欲天(不貪) 小欲知足 人間(不痴) 思慮深さ(内省的) 畜生(愚痴) 短絡思考(考えるよりも先に行動) 餓鬼(貪欲) 大欲不知足 地獄(瞋恚) 無慈悲(身内・同胞以外の他所者に対する不寛容) 地獄 ジャータカ 147 話「はりつけにされた男」 にあるように、特定の者(家族や恋人等)に対する愛は、地獄行きのエクスキューズ(免罪)にはならない。例えば、アメリカのハリウッド映画では、「愛する妻子のために、国外で身体を張って戦う父親像」的なものを美化するプロパガンダを底流に持つものが多い。YouTube などでも、兵役を終えて家族やペットと涙の再会をするシーンなどがよくバズったりする。だが、ジャータカ 147 話の論理によると、故郷の家族にとってはどんなに愛情深い人間であっても、その本人が悪行を犯したことのエクスキューズにはならない。むしろ、派兵先の外国で、敵として戦う相手にも、自分と同様に、愛する家族がいる。そのことに目をつぶって、「心を鬼にして」戦争行為に加担する。それが地獄行きの心理構造ということになるものと思われる(そうでないとジャータカ 147 話の説明が付かない)。 異教徒の人権を尊重しない、人間以外の動物を生命として扱わない、などといった、自分自身と対等な生命として扱う範囲を限定する、冷酷な態度が地獄行きの業となる瞋恚の正体。怒りとか、暴力というのは、瞋恚の皮相にすぎない。 梵天 梵天は上述の地獄の逆と考えればわかりやすい。 餓鬼と欲天 下のスマナサーラ長老の解説が、悪趣と善趣のうち、主に餓鬼と欲天を貪欲軸で対比したものだと考えると、わかりやすい。 畜生と人間 畜生は本能に支配されているから、「考えるよりも先に手が出る」。思考があったとしても浅知恵、猿真似、短絡思考の寄せ集め的なもの(知的体育会系。AI のように処理速度的な意味でコストパフォーマンス面では非常に有利)。 そんな畜生に対して、人間は、いきなり行動する前に、一枚、思考の膜が入る。内省してシミュレーションすることが可能(却って処理スピードは遅くなるので、難関大学入試などで意図的に短かく制限された時間内でアウトプットして高得点を稼ぐのには不利)。 参考

クレジットカードの海外事務手数料

最近(2024-01-19 時点)、あちこちで Mastercard / VISA 系の海外事務手数料の値上げが発生しているようなので、まとめてみた。(税込) Mastercard / VISA エポス 1.63 参照 ポケット(Mastercard) 1.90 参照 エムアイ 2.00 参照 VIEW 2.20 参照 楽天 2.20 参照 セゾン 2.20 参照 PayPay 2.20 参照 JACCS 2.20 参照 Orico 2.20 参照 三井住友 2.20 参照 MUFG 2.20 参照 d 2.20 参照 ポケット(VISA) 2.20 参照 Gold Point + 2.20 参照 セディナ 2.20 参照 JCB VIEW 1.60 参照 PayPay 1.60 参照 JACCS 1.60 参照 Orico 1.60 参照 ポケット 1.60 参照 MUFG 1.60+0.44 参照 セゾン 1.60+0.55 参照 楽天 2.20 参照 セディナ 2.20 参照 AmEx セゾン 1.75+0.25 参照 楽天 2.20 参照 エムアイ 2.00+0.25 参照

tkinter on macOS (via MacPorts)

各種 UNIX 系ツールのインストール・管理は MacPorts を使っているが、MacPorts でインストールした Python の tkinter を使おうとしたところ、XQuarz 経由で Tk が動く形となり、日本語入力が使えずに、コピー&ペーストしながら入力して、かなり不便なのを我慢していた。 どうにかならないものかと改めて情報を探ってみたが、X11 を使わずに Quarz を使うなどという 10 年前の情報が出るだけで、既に XQuarz が使われている自分の場合にはこれ以上手の施しようがないと思い込んでいた。 ──が、これが単なる、しかし致命的な勘違いで、Quartz と XQuartz では別物というか、XQuartz は、Quartz をワザワザ X11 互換モードで動かしているものらしく、要するに X11 のことである。だから Quartz をちゃんと Quartz として動かす必要があった。たったそれだけ、それだけだが致命的な勘違いだったというわだ。 「 macOS の matplotlib (MacPorts) で X11 を要求される問題を回避する 」というブログ記事の通りにして、無事に Quartz で tkinter を動かすことができた。記事自体は matplotlib に関するものだが、tkinter の場合も MacPorts 経由でインストールされた Tk を使うので、tk +x11 → tk +quartz に切り替えればよいというのは同じである。 MacPorts の tk は デフォルトで X11 を使用する ことになっていたので、 -x11 +quartz を付けてインストールし直せばよい(+x11 と +quartz は conflict するので同時に設定できない)。 sudo port install tk -x11 +quartz お蔭様で、無事、日本語入力もできるようになった。