投稿

ラベル(websocket)が付いた投稿を表示しています

websocket サーバーを OpenWrt で運用する

イメージ
(👉 公式ドキュメント ) Quick start (ローカル PC でのテスト。OpenWrt とは無関係な websockets 自体の話) ハローワールド CUI ウィンドウを 2 つ開いて、server.py を実行すると、無限ループで強制終了するまで動き続ける。もう一つのウィンドウから client.py を実行すれば、サーバーから挨拶が返ってくる。client.py は何度でも実行し直すことができる。 server.py の websockets.serve が、(第 2、3 引数で定義される websocket の)コネクションが発生する毎に、(第 1 引数で定義される)hello コルーチンを実行する。 client.py の async with websockets.connect(uri) の記述によって、ブロック内のコードの実行後に、websocket 接続が自動的に閉じられるようになっている。 wss 化 リンクから localhost.pem をダウンロードして、サーバー&クライアント共通の暗号鍵として使う。 ハローワールドに対して、server.py は、websockets.serve にオプションの引数として ssl を追加しており、その値として使う ssl_context のために 3 行の ssl に関するコードが追加されている(それに伴う import も追加されている)。 ハローワールドに対して、client.py も、server.py と同様に、websockets.connect にオプションの引数として ssl を追加しており、その値として使う ssl_context に関しては(同じ暗号鍵を使っているわけだから)全く同じである。 次は一旦サンプルをリフィレシュして、クライアント側を Web ブラウザーの JavaScript コードに代えてアクセスする例を紹介している。 Web ブラウザーからのアクセス JavaScript 側は単にサーバーから受け取ったメッセージを ul の li として追加して表示していくだけのもの。Python 側の websockets モジュールとは直接関係がなく、JavaScript の WebS