投稿

ラベル(ゲーム)が付いた投稿を表示しています

スペースインベーダーの謎

イメージ
ふと、スペースインベーダー(元祖アーケード版)の仕様について興味が湧いたので、メモを兼ねてまとめてみる。 画面の解像度 256x224(註)を横倒し状態で使っている。8x8 の文字キャラクターに換算して、ピッタリ 32 列 28 行になる。 さらに、自機下部の画面を水平に区切る赤線を除いて、上下左右におそらくアナログ時代なので表示用のマージンとして各 1 文字分ずつが空けてある。その分を考慮に入れると 240x208(30 列 26 行)となる。 また、画面上部の 3 行分はスコア表示用の領域として使われ、画面下部の 1 行分は残機やクレジット表示用の領域として使われているので、これらの分も除いたゲームのメイン画面の表示領域は 208x208(26 列 26 行)の正方形となる(画面が横倒しになっている点に留意)。 註: Computer Archeology で Screen Geometry 情報として 2400 - 3FFF (1C00 bytes = 256 * 28) 28*8=224. Screen is 256x224 pixels. と記されているように、VRAM のアドレス割り当てから 256x224 であるという技術的根拠が明確である。一方、なぜか日本語の Wikipedia には 260x224 と記載されており、それを元にしたものと思われる日本語のブログ情報の多くが 260x224 としているが、間違っていることになる。MAME でキャプチャーすると 260x224 で画面キャプチャーされるため、それを元に日本語の Wikipedia に誰かが記載し、そこから流布したのだろう。Linux を「リナックス」と読んだり、Indie game(s) を「インディーズゲーム」と読んだりして、普及初期の誤ちが流布してそれが正しいものと思い込んでいたりするようなものか。 メイン画面の行構成 上記、メイン画面として残った 208x208(26 列 26 行)の部分について分析する。 行↑ 行↓ 色 用途 25 0 赤 外れた自弾が爆発 24 1 紫 UFO 22 ~ 23 2 ~ 3 青 18 ~ 21 4 ~ 7 緑 エイリアン 14 ~ 17 8 ~ 11 水色 エイリ