投稿

3月, 2024の投稿を表示しています

善趣と悪趣

イメージ
自分の仮説 梵天 欲界からの遠離・出離(出家修行、リトリート) キッダーパドーシカ(他化自在天+楽変化天) 見の利他(人文科学・芸術) マノーパドーシカ(兜率天+夜摩天) 慢の利他(社会科学) 地居天(三十三天+四大王天) 欲の利他(自然科学) 地獄 痴・見執(頑固な思い込み・決め付け) 畜生 瞋・慢執(利己的な遺伝子・弱肉強食) 餓鬼 貪・欲執(独り占め・環境破壊) 欲界の構造 自然科学 (欲執) 社会科学 (慢執) 人文科学 (見執) 善 地居天 マノーパドーシカ キッダーパドーシカ 中庸 人間 悪 餓鬼 畜生 地獄 横軸は、欲執(貪欲)、慢執(瞋恚)、見執(愚痴)である。別の表現をすると、順に、自然科学(いわば欲の科学)・社会科学(いわば慢の科学)・人文科学(いわば見の科学)。 梵天 梵天は出家修行者だけが死後に行ける天界なので(かといってもちろん、出家修行者であればそれだけで行ける、というわけではない)、俗世間人である我々とは無縁であるから、ここでは深掘りしない。 キッダーパドーシカ(他化自在天+楽変化天) 日本国憲法で言う「内心の自由」が極度に実現された天界。つまり、文学・芸術・思想・宗教の源となる神々の居所。仏敵である悪魔は第六天魔(他化自在天)の一種であるとされるが、各宗教の至高の絶対神というのは、他化自在天である。織田信長も自称したという第六天魔王(仏敵たる悪魔)は大自在天(ヒンドゥのシヴァ神)とされるが、固有名称はともかくとして、この悪魔である他化自在天は、造化力を自在に操るゆえに「自在」などと名付けられている。つまり、「化ける・化かす」のが特徴である(そう考えると、シヴァよりもヴィシュヌの方が他化自在天らしく思える)。 悪魔は、釈尊が仏教を布教することを嫌がり、「不死に到る安穏なる道を覚ったのであれば、その道をお前一人で行け。どうして他人に教えようとするのか」などと釈尊を攻撃したりした(布教を勧請した梵天サナンクマーラとは対照的である)。後に、悪魔は、偽仏教を広めることによって、仏教の真の姿を希釈化して世間から隠す方策に転じる。史実の生身の人間の存在であった釈尊を表わしていた仏陀=如来という称号は、一般名称化され、史実の釈尊から乖離して一人歩きし

金儲け主義の陰陽師

イメージ
先日、山口敏太郎の YouTube ラジオ(2021−03−08 【ガチ鑑定】驚愕!!あーりんによる真実の心霊写真鑑定【前編】 の 23:21~29:45)を聴いていると、「〇〇については良い評判は聞かない」「金儲け主義の陰陽師だということしか聞かない」「金が大好きな陰陽師だと聞く」と形容されているものに行き当たった。 真実を語る黒子「陰陽師などという肩書自体が、偽物特有の名乗り」 僕は、「陰陽師」という肩書を心霊商売のセールス文句にしているのは、橋〇京〇しか、寡聞にして知らない。そもそも、「陰陽師などという肩書自体が、偽物特有の名乗りだ」ということを、民俗学 YouTuber の真実を語る黒子が言っていた(2023-10-03 【質問】陰陽師に本物はいますか?【答】 の 4:59~8:50)。 「敢えて YouTube で言う」という強調の仕方から、彼は、YouTube で有名な陰陽師を自称する特定の人間を念頭に置いているのだということがわかる。そこうなるとやはり、〇本〇明しか、僕は寡聞にして知らない 真実を語る黒子は、トクモリザウルスのヤースー(吉本興業の心霊芸人)とも WinWin チャンネルという形でコラボしていたりする(ex. 【素の2人】Win Winチャンネル【なかよし】 )ので、特に怪しい人物ではないことがわかる。 ヤースーの方は、真実を語る黒子の他にも、同じ吉本興業の後輩であるシークエンスはやともや先輩の好井まさお、太田プロ出身のナナフシギ(大赤見ノヴ&吉田猛々)といった芸人仲間、そして都市ボーイズ(岸本誠&早瀬康広)といった心霊芸能界隈のそうそうたる面々と仲良くコラボしている。 こういった、心霊 YouTuber 界隈から、橋〇京〇が爪弾きにされている(有名な割にコラボの相手にされていない)ような雰囲気を感じるのは、僕だけだろうか? それには、山口敏太郎の言うような、表には出てこない(そのため、メディアの裏読みができない情弱な一般人、例えば、長年ジャニーズの黒いビジネスを支えたジャニオタのような人々には、裏の事情を察することができない)が、業界人には(裏では)実は結構知られている「悪い評判」というものが、関係している可能性は低くはないだろう。 シークエンスパパとも「霊がいない空間に向かって、話しかけていた」

e-Tax: このアプリは作成コーナーの画面内でご利用いただくものです。直接クリックして起動することはできません

イメージ
e-Tax(with マイナンバーカード + IC カードリーダー)を macOS Big Sur で使おうとして、最後の最後の段階の、データを国税庁に送信する段階になって「このアプリは作成コーナーの画面内でご利用いただくものです。直接クリックして起動することはできません」というエラーに陥った。 macOS で、それも Big Sur に早々と更新するような勢で、さらにマイナンバーカードを IC カードリーダーを使って確定申告しようというような酔狂者は少ないのか、検索してもあまり事例を見付けることができない。辛うじて Twitter には このような国税庁の Mac 対応不足を指摘するものを発見したのみ。 上記ツイートにより、このエラーが自分だけではないことがわかったのはいいのだが、実は、この「Mac 対応不足 → Windows なら ok」という認識は誤っていて、むしろ余計に皆が Windows に逃げようとする流れを是認・助長してしまっている。実際のところ、全然、Mac でも ok(後述)。決して e-Tax ヘルプデスクに「ゴルァ電」して、混雑に拍車をかけないように。 旧バージョンの e-Tax をアンインストールしろ! この重要なポイントが、なぜか、e-Tax のホームページで見つけられず(つまりググっても辿り着けない)、インストール時の jizenMac.dmg(仮想ディスクイメージ)の中の「インストールマニュアル.pdf」の説明の一部として「旧バージョンの e-Tax をアンインストールしろ」と書かれている。 これをやらないと、e-Tax の開始時では「正常にセットアップされています」と認識されているのに、最後の最後の国税庁にデータを送信する段階で「直接クリックして起動することはできません」エラーに陥いる。 ほとんど罠のような話。これでは「Mac 対応不足 → Windows なら ok」という認識を皆が抱いても仕方がないのかもしれない……。 ともかく、macOS Ventura とマイナンバーカードと IC カードリーダー( ACR1251DI-NTTCom )で今年(2024)も e-Tax はできている。Mac ユーザーの皆様には、めげずに貫き通して欲しい。

ACR1251DI-NTTCom と macOS

イメージ
そろそろ確定申告の時期を迎えて、e-Tax に関して、 M1 Mac の IC カードリーダーの対応が鬼門だ と国税庁が注意を喚起した件について、あちこちで記事になっている(2021 年当時の話)。 自分は M1 Mac ではないのだが、そもそも Big Sur にアップデートしてしまったので、その影響もあるのかどうか、既にアップデートしてしまってから気になってきた。 Mac で e-Tax を安心してできるようにと、わざわざ NTT コミュニケーションズのフラッグシップモデルである ACR1251DI-NTTCom を入手したくらいなので、それが迂闊な OS アップデートで差し障りが生じてしまうというのはちょっと残念過ぎる。JPKI(公的個人認証サービス)によると Big Sur はサポート対象外 である。不安が煽られる。 早速、ACR1251DI-NTTCom を MacBook に接続し、JPKI の利用者クライアントソフトを立ち上げてみた。 問題なく立ち上がる。動作チェックをしてみる。 動作チェックも無事終了する。念のため、マイナンバーカードの電子証明書を読み取らせてみたが、正常に機能した。 M1 Mac はともかく、どうやら Big Sur については(ACR1251DI-NTTCom に関する限り)問題ないようだ。 更新:macOS Ventura 2024 年 3 月の時点で、2023 年度分確定申告を e-Tax(マイナポータル経由)によって行ったが、ACR1251DI-NTTCom は少なくとも、自分の Intel-Mac(Macbook Pro 2017)では無事使えている。