善趣と悪趣

自分の仮説

梵天(不瞋)
慈悲(分け隔てのない博愛的寛容、共感能力)
欲天(不貪)
小欲知足
人間(不痴)
思慮深さ(内省的)
畜生(愚痴)
短絡思考(考えるよりも先に行動)
餓鬼(貪欲)
大欲不知足
地獄(瞋恚)
無慈悲(身内・同胞以外の他所者に対する不寛容)

地獄

ジャータカ 147 話「はりつけにされた男」にあるように、特定の者(家族や恋人等)に対する愛は、地獄行きのエクスキューズ(免罪)にはならない。例えば、アメリカのハリウッド映画では、「愛する妻子のために、国外で身体を張って戦う父親像」的なものを美化するプロパガンダを底流に持つものが多い。YouTube などでも、兵役を終えて家族やペットと涙の再会をするシーンなどがよくバズったりする。だが、ジャータカ 147 話の論理によると、故郷の家族にとってはどんなに愛情深い人間であっても、その本人が悪行を犯したことのエクスキューズにはならない。むしろ、派兵先の外国で、敵として戦う相手にも、自分と同様に、愛する家族がいる。そのことに目をつぶって、「心を鬼にして」戦争行為に加担する。それが地獄行きの心理構造ということになるものと思われる(そうでないとジャータカ 147 話の説明が付かない)。

異教徒の人権を尊重しない、人間以外の動物を生命として扱わない、などといった、自分自身と対等な生命として扱う範囲を限定する、冷酷な態度が地獄行きの業となる瞋恚の正体。怒りとか、暴力というのは、瞋恚の皮相にすぎない。

梵天

梵天は上述の地獄の逆と考えればわかりやすい。

餓鬼と欲天

下のスマナサーラ長老の解説が、悪趣と善趣のうち、主に餓鬼と欲天を貪欲軸で対比したものだと考えると、わかりやすい。

畜生と人間

畜生は本能に支配されているから、「考えるよりも先に手が出る」。思考があったとしても浅知恵、猿真似、短絡思考の寄せ集め的なもの(知的体育会系。AI のように処理速度的な意味でコストパフォーマンス面では非常に有利)。

そんな畜生に対して、人間は、いきなり行動する前に、一枚、思考の膜が入る。内省してシミュレーションすることが可能(却って処理スピードは遅くなるので、難関大学入試などで意図的に短かく制限された時間内でアウトプットして高得点を稼ぐのには不利)。


参考

  • 途中「畜生も、地獄の一つでしょう」という発言があることからもわかるように、スマナサーラ長老はこの動画において、悪趣全般のことを「地獄」と日本語で表現しており、回答全体としては悪趣に関するコメントとなっている(質問者が、悪趣全般のことに対する回答で十分だったのか、そうではなく地獄そのものについての回答の方が欲しかったのかは不明)。
  • 「この天国・地獄・人間界の」という発言から、要するにこの動画でのスマナサーラ長老は、天国=欲天+梵天、地獄=餓鬼+畜生+地獄と、人間界の 3 つに分けて論じている。
  • 天界については、欲天のそれも「キッダパドーシカ」と呼ばれるもの(他化自在天+楽変化天)について説明されており、六欲天全体や、梵天に関する説明はされていない。
  • 悪趣については、期待・願望・欲望を軸に説明されており、どちらかというと餓鬼についてのもので、餓鬼と地獄の区別についての説明はされていない(渇愛という意味では、貪欲も瞋恚もベースは同じということかもしれないが)。
  • 畜生についてはそのまま動物(畜生)を例示されているが、やはり悪趣としての説明としてはわかるものの、一般に仏教が同じ悪趣の中でも餓鬼・地獄と区別して餓鬼を定義している理由については、この解説ではよくわからない。

個人的には、欲天と梵天の違い、欲天が六欲天に細分される(仏教心理学的な)理由なども知りたいし、また、悪趣でも餓鬼・地獄・畜生の違いについて、もっとはっきりと把握したいが、このスマナサーラ長老の動画ではそこについては特に深く踏み込んで話されてはいないので、残念だった(質問者に対する回答の趣旨とは外れるテーマとなるから、当然ではあるが)。

コメント

このブログの人気の投稿

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパともの先見の明

シークエンスパパとも 本物の霊能力