投稿

ラベル(餓鬼)が付いた投稿を表示しています

餓鬼を拝む

イメージ
動画 1 話目: 326:本当にあった怖い名無し:2023/04/15(土) 18:53:44.65 ID:binLG/0D0 俺は今33歳。この話をしてくれた友達も同い年。幼稚園からの仲だ。小中高と同じ学校に進学し、お互い高卒で就職した。俺は地元で就職したが、友達は地元を離れ他県のとある町の食品関係の会社に就職した。ところが10年程前、突然仕事を辞めて地元に帰ってきた。当時は俺含め仲間連中は仕事を辞めた理由を聞いたが、なぜかはぐらかして教えてくれなかった。次第に誰も辞めた理由を聞かなくなって、俺自身もそこまで興味なかったので聞かなくなった。 327:本当にあった怖い名無し:2023/04/15(土) 19:04:21.44 ID:binLG/0D0 ところが先日、その友達と2人で飲むことになり他愛もない話をしながら飲んでいたら友達の方からその話を振ってきた。 友「 なあ、俺が地元を離れて就職した会社を辞めて地元に帰ってきた理由聞きたくないか?」 俺も全くそのことが頭になかったので、友達の方から話を振られてなんで今更?となったが、そう言われると気になってくる。 俺「 そういえば当時は全然話してくれなかったな。話していい内容だったのか?」 友「 いや、10年も経ったしもういいかなって。」 そう言ってグラスに半分ほど残っていたビールを飲み干すと、ポツリポツリと話し始めた。 328:本当にあった怖い名無し:2023/04/15(土) 19:24:05.82 ID:binLG/0D0 友達の話を要約すると次のような感じになる。 俺たちの地元は田舎なんだけど、その友達が働いていた会社があるのも同じくらい田舎だった。田舎と言ってもそこそこ栄えた市の中心部に近いところにその会社はあった。友達は営業部で働いていたらしい。 友達が辞める半年ほど前、この営業部に中途で50代半ばくらいの男性が入ってきたそうだ。仮にAさんとする。このAさんがちょっと、というかかなり変わった人だった。なんでも「 色んなところに住んでみたい。」という思いから、若い頃から定期的に転職して各地を転々としていたとか。年齢的にもよく採用されたなと思ったが、かなり仕事ができる人らしい。この会社の社長も変わった人で、採用

ヒダル神

イメージ
動画 2話目: 374:本当にあった怖い名無し:2013/06/29(土) 03:17:20.31 ID:HudIAfDq0 地元にある舞子墓園ってとこで自分と友達が体験した話 自分の人生の中で唯一といっていいくらいハッキリ異常だと言い切れるおかしな体験だった そこはそこそこ大きな下り峠の中に墓園を作ったような場所で、それなりに色々な噂はあった 夏になれば自分も友達と一緒に肝試しをしたり写真を撮ったりしたけど、一度も心霊的なことは起こらなかった そんな夏が過ぎた冬のある日の夜、遊びにいった帰り道友達とチャリを押しながら「近道なるし墓園通って帰ろうや」という話になった 墓園は結構急な上り道なだけあって確かに近道になる、二人でチャリを押しながら墓園に入っていった 世間話をしつつ墓園の中の車道を進む ここは基本的に灯りが無いので、車が来たらすぐにわかる 中程まで進み、街灯が全く無い曲がり道に入った辺りで何かがおかしいことに気づく 自分達の周りが異常なまでに暗い 暗いなんてもんじゃない、ほとんど視界がゼロ、手元以外何も見えない 本当に何も見えない いつの間にか会話が無くなっていた友達に声をかける 友達の顔も真っ暗で見えない 「なぁ、そこおるよな?」 「うん・・おるで」 「ちょっと暗すぎへん?」 「やっぱそうやんな・・」 「なんかおかしない?」 「おかしい、おかしいでこれ」 375:本当にあった怖い名無し:2013/06/29(土) 03:29:27.87 ID:HudIAfDq0 絶対におかしい いくら夜で街灯が無いからって、ここまで真っ暗になるなんておかしい とにかく前に進むしかないと思っていたら、今度は何かグニャグニャした感覚がする 目の前がモザイクかかっているみたいにグニャグニャしてる 「なんかグニャグニャせん?」 「する、めっちゃ気持ち悪い」 なんかもう自分がどの方向に進んでいるのかがわからなくなってきた というか前に進んでいるのかどうかもわからなくなってきた そのくらい真っ暗 そして、ここからは今思い出しても鳥肌が立つんだけど 急に「もう動きたくない」「ここにいたい」「もう何もしたくない」 っていう感情が