投稿

ラベル(地獄)が付いた投稿を表示しています

地獄へとつながる瞋恚の正体

イメージ
貪・瞋・痴の三毒のうち、地獄行きと結び付くのが瞋= 瞋恚 dosa だが、これを言われているように、現代日本語の「怒り」や「憎悪」といった、感情的な状態の一種と捉えると、どうにも不適切なように思われてきた。「怒り」や「憎悪」は、瞋恚が感情に表出した時の一部の形態ではあるが、それが瞋恚そのもの、本体であるとは言えない気がするのである。 というのも、以前『 ジャータカ 147 話「はりつけにされた男」 』を取り上げた時にも、引っ掛っていて、「なぜ犯罪を犯してまで妻に執着する男が、(餓鬼ではなく)地獄行きなのか?」と。彼が死の瞬間まで考えていたのは、妻のことであり、どう考えれば、そこに怒りや憎悪があると言えるのだろうか? そして今回、パーリでは結構有名な経だが、相応部の聚楽主相応の歌舞伎聚楽主経や戦士経のことを思い出して、これらも地獄行きケースだったなと考えた。戦士の方は、まあ、戦争という殺生を商売としている人々の話だから、地獄行きというのは納得が行きやすい。問題は、歌舞伎聚楽(演劇などの娯楽産業の村)の方である。彼らもまた、地獄行きとされたのである。餓鬼行きではない。 かようにわたしは聞いた。 ある時、世尊は、ラージャガハ(王舎城)のヴェールヴァナ(竹林)なる栗鼠養餌所にましました。 その時、歌舞伎村の長なるタラプタ(遮羅周羅)は、世尊のましますところに到り、世尊を礼拝して、その傍らに坐した。 傍らに坐したタラプタなる歌舞伎村の長は、世尊に申しあげた。 「大徳よ、わたしは、昔から代々の師たる歌舞伎者の大事な口伝としてこう聞いております。すなわち、〈およそ歌舞伎役者たるものは、舞台や野外劇場において、真実をまねて、人々を笑わせしめ楽しませるものであって、身壊れ、命終りて後は、喜笑天の世界に生を受けるであろう〉と。これについて、世尊は、なんと仰せられましょうか」 「もうよい、村の長よ、やめなさい。わたしにそんな事を問うてはいけない」 だが、タラプタなる歌舞伎村の長は、ふたたび、世尊に申しあげた。 「大徳よ、わたしは、昔から代々の師たる歌舞伎者の大事な口伝としてこう聞いております。……これについて、世尊はなんと仰せられましょうか」 「もうよい、村の長よ、やめなさい。そんなことをわたしに問うてはいけない」 だが、タラプタなる歌舞伎村の長は、さらに、三

人を呪わば穴二つ

イメージ
動画 1 話目: 837:介護職の思い出1:2006/03/29(水) 23:57:42 ID:TpukJGCc0 2年前とある特別養護老人ホームで介護職として働いていた時の話です。 そこの施設ははっきり言って最悪でした 何が最悪かと言うと老人を人として扱わず 物のように扱う職員ばかりで食事も薬とかおかずをご飯にまぜたり 入浴は水のようなお風呂で乱暴な介護で 抑制も日常茶飯事でした。 職員の給料とか待遇はよかったんですが あまりにもひどい老人さんの対応の仕方に 心ある人は我慢できずやめていく人も多かったです そのため、毎日のように人はいなく 職員全員がいらいらしてる状態で ひどい職員はそのストレス発散を老人にして 怒鳴ったりすることもたびたびありました その酷い職員の中でも特に酷い職員がいまして 老人さんに暴力を振るっていました。 Aと呼ぶことにします。 Aの暴力はいつも酷くて顔以外の場所を叩いたり蹴るなど Aは元ヤクザをやってた人でみんな見てみぬふりで 暴力によって怪我をしてもうまく隠蔽されました 俺もAが怖く注意できず今と思えば情けない話です・・・・orz 839:介護職の思い出2:2006/03/30(木) 00:01:38 ID:TpukJGCc0 Aの暴力する老人の対象は認知症や言語障害でしゃべれない人でした その中で言語障害のBさんはAにされた暴力の内容を日記に書いてました そしてその日記を別の職員に見せて助けを求めるも無視され Bさんは身内の人もいなく4人部屋でも周りの老人は認知症が酷く 自分がわからない状態でAにとってBさんは最高のカモだったのです。 そんなある日、早朝Bさんは急変して病院に行くも亡くなられました。 Bさんが亡くなった夜にAは急な心筋梗塞にて亡くなりました まるであとを追うように・・・・・・ 840:介護職の思い出3:2006/03/30(木) 00:02:51 ID:YPK9dTYU0 次の日、Bさんのベットを片付けていた時に 本当はいけないことなんですがBさんの日記を見させてもらいました Aに対しての暴力の内容や怒りが書かれてました Bさんが亡くなる

ジャータカ 147 話「はりつけにされた男」

ジャータカをデジタル写経していて、ちょっとショックを覚えた話に遭遇した。147 話の「はりつけにされた男」である。 ジャータカで、来世で地獄行きになるケースというのは、大抵が、デーヴァダッタの役どころであり、要するに仏敵レベルの相当極端な、ある意味分かり易い極悪人の悪業の場合である。 そうではなくて、一般的な人々で来世に地獄行きになるケースというのがあまり挙げられていないように思われる。また、一般的な悪人の例が出ても、その生で悪い結果になって命を落とすとかであり、死んでさらに来生で地獄行きになった、という表現がされているのは(デーヴァダッタや異教徒のような仏教教団と敵対する分かり易い極悪人の場合を除いて)、あまり憶えがない。 ところが、このジャータカ 147 話では、一般人の男が、女(妻)への愛執のあまり、女に望まれるままま、王の庭園から花を盗もうとする犯罪を犯し、死罪となる。その結果、単に男は現生で刑死するばかりでなく、来生で地獄に落ちた、とされているのである。 もちろん、所詮はジャータカであるし、ただ一つの話で、こうだったからといって、それを基準に一般化して適用しようとするような重要視の仕方をするようなものではないかもしれない。しかし、この話が、特に、三蔵やジャータカの中で異質なもの、異端な考えを述べたもの、というものでない限り、基本的には、仏教の考え方を敷衍して語られている物語の一つであるはずである。 つまり、一般論的に、愛欲というものは、地獄行きの原因となる、有力な業だということになる。 これまで、自分は、地獄行きというのは、瞋恚(怒り)が原因という風に単純に考えていたので、ぱっと見、怒りとは無縁そうな、女への愛執を抱きつつ、処刑されて死にゆく男が、地獄行きになるという、この話のケースに、ちょっと不意打ちを喰らったような気持になったのである。 だって、世間のメロドラマなんて、「(あの人への)愛のためになら死ねる」なんてのがほとんど金科玉条みたいではないか。あまりにも、地獄行きが溢れ返っている状況ではないか。 そもそも、このジャータカでは、男自身は犯罪行為を渋るものの、愛する妻にせがまれて、結局は、道徳観念よりも、愛する者を喜ばせることを優先してしまうのである。つまり、「愛は盲目」という状態が、地獄行きをもたらしたのである。