投稿

ラベル(三十三天)が付いた投稿を表示しています

ゴルゴマタギ

イメージ
62:本当にあった怖い名無し:2011/04/24(日) 19:09:31.17 ID:vMm1tEfX0 俺の友人にはすごい守護霊がついているらしい。 どんないわくつきの場所でもそいつがいると何も出ない。 こっくりさんもそいつが混じると来てくれない。 挙句の果てには「さわると祟られる呪いの石」がそいつが近づいただけで割れた。 いわゆる霊能者にそいつを見せたところ、すぐに目をそらしてしまった。 聞くとそいつの守護霊がものすごく怖いやつなんだと。 どんな感じですか?ときくと、 「ゴルゴみたいなマタギで常に猟銃を構えている」そうな。 別ベクトルでこぇぇ。 66:本当にあった怖い名無し:2011/04/24(日) 20:14:51.06 ID:AZUXVc7k0 動物系にすごく強そう 67:62:2011/04/24(日) 20:37:59.67 ID:vMm1tEfX0 >>66 いわれてみればこっくりさんは元より、呪いの石も大熊の呪いだったww ただいわくつきの場所は廃病院だったな。 とりあえず俺はあいつの後ろには立たないようにしてますww 75:本当にあった怖い名無し:2011/04/25(月) 15:40:56.79 ID:vGj12nm9O 78:本当にあった怖い名無し:2011/04/25(月) 18:21:52.44 ID:BBYUPedP0 >>75 GJ! ちょっくらスイス銀行に振り込んでくる。 「 【全米が】なんか笑える霊体験18【テラワロス】 」 209:本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 22:14:44.53 ID:kygztYIk0 いいお話二連発のあとになんだが>>62だ いまさらながら>>75すげぇww 友人になんかいい話ない?と聞いてみたら一つお話された。 小学校時代、そいつはクラスの人気者だったそうだ。 それを僻んだ奴が友人の大切なお守りを盗んだ。 犯人は四日後に本人に謝りにきた。 話を聞くと、 「夜な夜な金縛りに遭い、 枕元に昔の猟師の格好をした目つきが

DV 被害者の女性の前に登場した浮浪者のような謎のおばちゃん占い師

イメージ
動画の 1 話目のエピソード: 102:恋人は名無しさん:2010/09/13(月) 21:54:17 ID:e42JoAj9O 休憩所見て思い出した。 寺や神社や占い師さん達に「守護者すっげー」みたいなことをいつも言われる私の修羅場。 付き合う前は優しくて明るい人と思ってた彼氏が、DVモラハラ男だった。 いきなり豹変するのではなく、 小出しにしつつ飴と鞭を使いわけるタイプ。 半ば洗脳に近かった。 初っ端から殴られてたら即逃げるんだけど、優しく嫌味を言うことから始まり、 暴力沙汰になるのは付き合って半年後。 もう完全に「私が悪いから怒られるんだよね」と思い込んでいた。 その頃は優しい嫌味ではなくねっとり嫌味と軽い暴力に進化してて、 私が凹んで謝ってたらサンダルはいてる私の脚を彼が革靴で踏み付けようとした。 踏まれる寸前、彼氏の頭に鳥の糞がボトッ。 空を見渡しても鳥は居なかった。 彼氏の部屋で彼氏が他愛のないことで切れて手を振り上げた瞬間、 棚の上にあったものが彼氏の頭にヒット。 棚のすぐ近くに居たわけじゃないのに。 私に熱いお茶をひっかけようとした瞬間、持ち手が折れて彼氏の股間にバシャッ。 私にライターを投げ付けようとした瞬間、ライター着火。 彼氏の服に燃えうつり軽い火傷。 私を怒鳴ろうとした瞬間、茹でていた玉子爆発。 鍋の近くにいた私無傷、鍋から離れていた彼氏の顔にヒットし、火傷。 103:恋人は名無しさん:2010/09/13(月) 21:58:24 ID:e42JoAj9O 他にも夜中に呼び出しメール送ろうとしたら携帯が壊れたり(店に持っていくと直る) mixiに私sage彼氏ageな日記をあげようとした瞬間にパソコンあぼーんとかあったらしい。 「最近変な婆が夢にでてきて」とも言っていた。 ある日夢に聞き慣れない方言のおばちゃんが現れて、 「あぁあぁ、いだましいこどっ。えぇっこっんな痩せちまっで…ひょろひょろでねぇの」 「ほんだからなんどもいってっぺぇ、あ゛んなろぐでもねおどこやめっで、なっ」とか言われた。 起きた瞬間に「なっ」という声が聞こえた気がした。 妙に印象に残る夢だった。 その数日後友達

電撃最強説

イメージ
動画の 2 話目: 398:雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/09/06(火) 00:19:36 ID:n7cId/m00 同僚の話。 彼は地元の消防団に参加しているのだが、以前に団員仲間で狐に憑かれた者が いたのだという。 いや、実際に狐かどうかはわからないのだが、団の中の物知りが「あれは狐だ」 と断言してから、狐ということになったのだとか。 普段は別に変わるところはなかったが、一たび中の狐が目を覚ますと、甲高い 奇声を発して暴れ回ったそうだ。 信じられない怪力を振るい、獣じみた動きをするだけでも大変だったのに、 加えて不思議な神通力まで発揮した。 手を触れることなく、身の回りの物を空に飛ばすのだ。 かなり重量がある物まで飛ばしており、取り押さえるのが一苦労だったという。 特に夜回りの時、中身の入った鍋ごと吹っ飛ばされたのは大事だったとか。 彼が夜警から帰ってくると、皆で哀しそうな顔をして始末をしていたのだと。 猪肉が一枚だけ天井に張り付いていた光景が、どうにも忘れられないそうだ。 399:雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/09/06(火) 00:20:12 ID:n7cId/m00 (続き) なぜか狐憑きが出るのは、団の活動中だけだった。 腹立たしいことに当の本人は、暴れている間の記憶がまったくなかったらしい。 そんなこんなで手をこまねいているうち、大きな山火事が発生してしまった。 猫の手でも借りたい時だということで、仕方なく憑かれた彼も動員された。 団の者は「中の狐さん、頼むから暴れんでくれよ」と祈ったという。 団の受け持ち場所は、変電所の近くだった。 「筒先に注意しろ。電気が近いぞ!」注意と檄を飛ばし、消火活動に移る。 皆が忙しく動き回る最中、ホースの先端辺りで騒ぎが起こった。 どうやら高電圧のキュービクルに水を掛けた粗忽者がいたらしく、当たり前の ように感電してしまった様子。 「注意しただろうが」慌てて駆けよったが、何やら様子がおかしい。 そこの皆がぐるり輪を作ったまま、凍りついたようにピクリとも動かない。 何かキラキラ光る煙が立ち上っていた。 それが激しく捩れる様は、ま

ミヤウチさま

イメージ
488:本当にあった怖い名無し:2009/06/08(月) 05:23:34 ID:d0Md1CfE0 別に怖くもないんだが不思議だった話。 うちの家では神様を祭ってあるんだが(別に神社とかではない) そこはちょっとした神棚じゃなくて、8畳の部屋をでかでかと占領する祭壇?なんだ。 小振りな米俵を積んだり、縄張ったり、酒瓶が並んでいたり、 なぜかビールとかスナック菓子とか塩が袋ごと置いてあったりする。 なんでもどこかの神社から分けてもらった(神様分けてもらうってどーよ)格の高い神様らしく、 うちでは「ミヤウチ様」って呼んでる。 で、むかし小さかった頃、そのミヤウチ様に供えているお菓子を俺は食べちまったんだ。 子供のすることなんで、隠ぺい工作とか高度なことはできず、 お菓子の袋をテレビの後ろに隠していたらそっこーでばれた。 当然オヤジがブチ切れて、かなり長時間こっぴどく怒られた。 それで最後にミヤウチ様に謝ってこいということになり、俺は泣きながら離れに向かった。 ミヤウチ様が祭ってあるのは昔の母屋で、現在住んでいる住居と渡り廊下で繋がっている。 旧母屋は16畳の和室で、襖で8畳ずつに区切られるような作りになっている。 ミヤウチ様の祭壇があるのは、入って襖に仕切られた奥の8畳だ。 俺はミヤウチ様に謝ろうと、いつものように襖を開けた。すると、開けた先に何故かでっかいひげ面のおっさんの顔があった。 あまりのことに俺が固まっていると、そのおっさんはジッとおれの眼を見て、一言だけ「泣くな」って言った。 声は結構若い感じだったように思う。 まあ当然、俺はさらに泣いて両親のもとに逃げ帰った。 話を聞いたじーちゃんは「ミヤウチ様見たのか」と嬉しそうだったが、当時の俺はビビりまくってほとんどそこには近づかなくなった。 別に祟ったりしたわけではないので、いま思い出すと、怖がりすぎて悪いことをしたように思う。 「 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?214 」 563:488:2009/06/08(月) 23:48:05 ID:d0Md1CfE0 あまり怖い話ではなかったので、望外の反応があって嬉しかったり。 補足すると、ミヤウチ様には正式名称が