投稿

ラベル(梵天)が付いた投稿を表示しています

やまけらし様

イメージ
動画 2 話目: 456:1/3:2010/10/25(月) 15:36:48 ID:oGdPkai/0 俺の家は物凄い田舎で、学校に行くにも往復12kmの道程を自転車で通わないといけない。 バスも出てるけど、そんなに裕福な家でもないので定期買うお金がもったいなかった。 学校への道はちょっと遠回りだけど街中を通る道と、若干近道だけど山越えをする道と2つあるんだが、俺は山越えで汗だくになるのが嫌だったのでほとんど街中のルートを通っていた。 ある日、学校の体育館で友達とバスケをしていて遅くなった俺は、早く帰ろうと自転車で山越えをしようとしていた。 街中に入る道と山道に入る道の分岐点にあるコンビニで飲み物を買って、いざ山越えに。 日が沈み始めた山道は結構不気味で、ひぐらしの鳴く声を聞くと心細くなってやけに不安になる。 戻って街中を通ろうかな…なんて思いつつガッシャンガッシャン自転車をこいでると急に 「も゛っも゛っも゛っ」 ていう表現しにいうめき声のようなものが聞こえ、その瞬間に何かが背中にドスッと落ちてきた。 上半身をグッと下に押し付けられるような感覚に襲われ、冷や汗とも脂汗とも言えない妙な汗が体中から噴き出してきた。 怖くて振り向けずにとりあえず峠を越えようとがむしゃらにこぎ続けてた。その間にも背中から 「も゛っむ゛む゛っ」 と変な声が聞こえている。 絶対変な物を背負ってしまった、どうしよう・・・と涙目になって自転車こいでたら上り坂の終わり、峠の中腹の開けた場所に出た。 息を切らしながら足をついて崖側の方に目を向けると、小さな女の子が居た。 457:2/3:2010/10/25(月) 15:37:39 ID:oGdPkai/0 夕日の色でよくわからなかったけど、白っぽいシャツの上にフードつきの上着とデニムスカートを穿いたセミロングの子。大体6~7歳くらいに見えた。 車なんて通らない田舎の山道に、しかももうすぐ日が暮れてしまう山道に女の子がいるはずがない。 ああ・・・ひょっとしなくても幽霊か・・・って思って動けないでいると、その子は小走りで俺の足元まで来て俺をじーっと見上げた。 10秒くらい見つめたかと思うと急に俺の太ももを埃を払うようにパンパンっと叩いた。

黒い着物姿・金髪ストレートロングの少女守護神

イメージ
動画 1 話目: 499:1/4:2012/02/03(金) 16:27:31.88 ID:mx7sXcg+0 もう5~6年くらい前の話だけど、ふと思い出したので投下。 俺の昔の友達に所謂「見える人」がいたんだが、 そいつが何か守り神みたいなのを連れているらしかった。 だから見えちゃいけないものが見えても、取り憑かれたり 危害を加えられたりすることはなかったらしい。 その守り神、普段俺には見えないし声も気配も感じなかったのだが、 「どんな感じなの?」と聞くと「着物姿の女の人」と本人は言っていた。 忘れてしまったが、"ナントカ様"みたいな名前もあったと思う。 当時俺はそういうオカルトな話が大好きだったから、 別段気持ち悪いとかこいつ頭おかしいんじゃないかとか思わず、 そいつから色々な心霊話なんかを聞かせてもらっていた。 で、ある日そいつの家で遅くまで遊んでた時、 そのまま家に泊めてもらうことになった。 遊んでた時は一階の居間だったけど、寝る時は二階のそいつの部屋に移動。 部屋に入ると、異様にガラーンとした部屋だった。 5畳半くらいの広さに、勉強机と、その上にデスクトップのPCがあるだけ。 他には何にも無い。 ただ、部屋の隅のところに神棚が置いてあった。 お酒と塩と、炭の欠片のようなものが備えてある。 「何これ?」と聞くと、 「あぁそれ、○○さまの家みたいなもんだよ」と友人。 例の守り神の住家らしい。 何となく凄いものを見た気分になった俺は、その神棚に興味津々。 神棚の知識なんてさっぱりだが、結構立派なもので、安物には見えなかった。 正面の観音開きになっている部分は閉じていたから開けてもいいかと聞くと、 断固NGと言われた。 500:2/4:2012/02/03(金) 16:28:25.32 ID:mx7sXcg+0 で、少し駄弁ったあと眠りについたんだが、その夜に 妙な音が聞こえて目を覚ました。 "がらん、がらん" 神社の鈴の音みたいだった。 最初は外から聞こえたのかと思ったが、 それにしては結構な大音量で聞こえたもんだから、 何だろうと思って起き上がろ

鬱病 SE が山で出会った童女神

イメージ
動画の 1 話目: 462:コーヒー7杯目 ◆3W89qHGCZ. :2006/03/30(木) 03:02:11 ID:zLxS1ob/0 鬱病SEと山のお話 1 システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態で、残業4-5時間はザラ、睡眠時間は平均2-4時間。 30過ぎて、国立受験生みたいな生活に、ついに神経性胃炎と過労で倒れ、そのまま内科で軽度の鬱病と診断された。 会社も流石に悪いと思ったのか、5日間の休暇と、賞与を結構たっぷりくれたらしいが、彼は本格的に鬱病に なりかかっていたらしい。 やったことがある人はご存じの通り、鬱は気晴らしや運動などで直ってしまう場合もあるが、 鬱病は、れっきとした神経伝達異常で、幸せを感じる回路が接続不良、不安や悲しみ回路が増大という状況で、 コメディー話を見てすら悲しく、落語を聞いても悲しいところだけクローズアップされてしまう 知人は、休暇が取れたことで、またあのデスマーチの職場に戻る恐怖感が一層増してしまったらしい。自殺という 単語すら時折頭をかすめ、気が付くと、愛車のジムニーに乗り込んで、車で3時間離れた、故郷の近くの山に向かっていた。 高校時代、登山部だった彼が、何度ものぼった山だった。 ツェルトとシュラフ、食料と水だけを持って、夕暮れ時、ただ、黙々と山へ登り始めた。 何も考えず、ただ、足を交互に出していく。冷たくなっていく、酸素濃度の高い山の空気。草木と水と土の匂い。 首と背中を熱く濡らしていく汗。何年ぶりかの登山の感触。 何時間歩いたか、いつもテントを張っていた場所ではないが、水場もある広場に出た。シーズンではないので誰もいない。 今日はここまでと思い、ツェルトを張り、シルバーシートを敷いて、荷を下ろした。 お湯を沸かしてラーメンを茹で、にぎりめしをかじり、番茶をすする。知らず知らずに、孤独な山の空気が、 自分の鬱屈をふきながしてくれるようで、不眠症気味だったのも癒されたのか、眠くなってくる。 たき火に砂を掛け、水で絞ったタオルで身体をふき、シュラフに潜り込んだ。頭をつけたかどうかもわからないぐらい、 素早く、深い深い睡眠に入った。 463:コーヒー7杯目 ◆3W89qHGCZ. :2006/03/30