金儲け主義の陰陽師

先日、山口敏太郎の YouTube ラジオ(2021−03−08 【ガチ鑑定】驚愕!!あーりんによる真実の心霊写真鑑定【前編】の 23:21~29:45)を聴いていると、「〇〇については良い評判は聞かない」「金儲け主義の陰陽師だということしか聞かない」「金が大好きな陰陽師だと聞く」と形容されているものに行き当たった。


真実を語る黒子「陰陽師などという肩書自体が、偽物特有の名乗り」

僕は、「陰陽師」という肩書を心霊商売のセールス文句にしているのは、橋〇京〇しか、寡聞にして知らない。そもそも、「陰陽師などという肩書自体が、偽物特有の名乗りだ」ということを、民俗学 YouTuber の真実を語る黒子が言っていた(2023-10-03 【質問】陰陽師に本物はいますか?【答】の 4:59~8:50)。

「敢えて YouTube で言う」という強調の仕方から、彼は、YouTube で有名な陰陽師を自称する特定の人間を念頭に置いているのだということがわかる。そこうなるとやはり、〇本〇明しか、僕は寡聞にして知らない

真実を語る黒子は、トクモリザウルスのヤースー(吉本興業の心霊芸人)とも WinWin チャンネルという形でコラボしていたりする(ex. 【素の2人】Win Winチャンネル【なかよし】)ので、特に怪しい人物ではないことがわかる。

ヤースーの方は、真実を語る黒子の他にも、同じ吉本興業の後輩であるシークエンスはやともや先輩の好井まさお、太田プロ出身のナナフシギ(大赤見ノヴ&吉田猛々)といった芸人仲間、そして都市ボーイズ(岸本誠&早瀬康広)といった心霊芸能界隈のそうそうたる面々と仲良くコラボしている。

こういった、心霊 YouTuber 界隈から、橋〇京〇が爪弾きにされている(有名な割にコラボの相手にされていない)ような雰囲気を感じるのは、僕だけだろうか? それには、山口敏太郎の言うような、表には出てこない(そのため、メディアの裏読みができない情弱な一般人、例えば、長年ジャニーズの黒いビジネスを支えたジャニオタのような人々には、裏の事情を察することができない)が、業界人には(裏では)実は結構知られている「悪い評判」というものが、関係している可能性は低くはないだろう。


シークエンスパパとも「霊がいない空間に向かって、話しかけていた」

シークエンスはやともの父親のシークエンスパパともも、生前、〇本〇明について、皮肉めいたコメントを残している(【霊視】【切り抜き】橋本京明さんの動画見ました 4:18~5:43。ちなみに、切り抜き元は 2021-12-22 のライブ動画)。


ニンゲンTVとの競合

僕が、橋〇京〇に違和感を感じたきっかけは、ニンゲンTVファンとして、彼が競合するような心霊スポット検証を行っていることに気付いたあたりからだ。心霊系の動画を観ていると、YouTube がお勧め動画一覧に彼の動画を出してくることがあるが、YouTube の誘導に乗るのは真っ平御免なので、基本的にクリックせず、無視し続けていた。逆に言えば、ニンゲンTVなどの心霊系 YouTube チャンネルの視聴者には、〇本〇明のチャンネルの視聴者も多いという統計が YouTube 側にはあり、その視聴者の行動パターン分析に沿って、お勧めを出してきているのだろうと思う。だが、そんなワンパターンに嵌められる情弱視聴者の一人にはなりたくないので、無視する。好きな心霊系 YouTuber がコラボしている等をきっかけにしか、新しい心霊系 YouTuber の動画には手を出さないように注意している。そうしないと YouTube に誘導されて完全に衆愚パンピー側の行動パターンに陥ってしまうからだ。

ところが、ニンゲンTVのロケを追っていると、ニンゲンTVがコラボしている心霊 YouTuber の Mtv が、橋〇京〇と非常に仲が良く、ニンゲンTVと一緒に心霊スポットに行った後に、再度、〇本〇明とも同じ場所を訪れるといったことを、平気で行っており、霊的な鑑定結果的な競合を招いていることに気付き、僕は自らは望まずして、橋〇京〇の動画を比較のためにチェックするようになったのである。


山口敏太郎の言っている陰陽師を特定する

ニンゲンTV、シークエンスパパとも、真実を語る黒子、それぞれバラバラの話なので、それを結び付けて、「〇本〇明は心霊 YouTuber から爪弾きにされている」と結論付けているのは、僕の個人的・主観的な勝手な感想なのではないかと思われる可能性がある。しかし、山口敏太郎の動画に行き着いたことで、俄然、僕の特定意欲が燃え上がった。「これは絶対に橋〇京〇に違いない!」「〇本〇明であれば、業界での彼の立ち位置が客観的にも明らかになったも同然だ」と。

それで、好きでもない橋〇京〇の動画を観まくり、特定に成功した。山口敏太郎の動画で取り上げられていた「ディズニーランドで撮った心霊写真」は、〇本〇明のチャンネルでも取り上げられていた。

心霊芸人や怪談師たちのそうそうたる面々と仲の良い都市ボーイズ(彼らは山口の事務所タートルカンパニーの出身)の師匠に当たる山口敏太郎が、この陰陽師をボロカスにこきおろしている。この事実だけでもう、十分である。

そして、山口敏太郎の動画では、心霊写真の鑑定を、タートルカンパニーの所属の霊能者あーりんが行っている。あーりんは、シークエンスはやともが最初に地上波デビューする際に、バックアップ霊能者としてはやともをサポートした山口が絶大な信頼を寄せる凄腕の霊能者である。そのあーりんの霊視内容と、やはり競合する結果になっている(橋〇京〇がニンゲンTVの阿部吉宏の霊視内容と競合していたように)。

あーりんは「通りすがりの浮遊霊のようなものしか視えない」「手が異常とは思えない」と言い、対して〇本〇明は「先祖霊の手」と述べているのである。

投稿者は、以前、橋〇京〇に鑑定してもらった時、心霊写真(先祖霊の手)と言われたが、どうなんでしょうか? ということで、山口敏太郎・あーりんに送ったとのことだ。以下が、山口敏太郎の動画で紹介された心霊写真:

次が自称陰陽師の心霊写真鑑定の様子(2019-09-13 鑑定ファイル#40 の 11:44~13:31):


果たして、軍配は、心霊業界の〝ジャニタレ〟側に上がるのか、山口敏太郎を始めとするそうそうたる心霊エンターティーナー軍団の側に上がるのか? あとは皆さんの自己判断に委ねるとしよう。

このブログの人気の投稿

シークエンスパパともの先見の明

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパとも 本物の霊能力