投稿

ラベル(英語)が付いた投稿を表示しています

need, require, want 等の目的語となる動名詞

My car needs to be repaired. My car needs being repaired. My car needs repairing. 👉「 動名詞と TO-不定詞の使い分け 」で述べたように、これもやはり、動名詞と to-不定詞の根本的違いの観点から理解すれば特に不可解なことはない。 1. My car needs to be repaired. 本質的に to-不定詞は M であり、need は自動詞として存在するから、意味上の主語は SV の S と同じである。従って to-不定詞句は受動態で表現することになる。 2. My car needs being repaired. 動名詞句 being repaired は他動詞 need の目的語(O)である。S は O に他動詞を介して働きかける関係であるから、O の意味上の主語が my car となることは S と O が一致することとなり、他動詞の原理的に有り得ない。つまり、意味上の主語は S の my car 以外の他者を意味しているので、being repaird という受け身ではなく repairing という能動表現が適切である。ちなみに、being repaird とすると、受動表現ではなく、my car 以外の他者を意味上の主語とする進行形表現となってしまう。 3. My car needs repairing. 要するにこれは My car needs someone('s) repairing. の someone が不特定の人物なので明示せず省略された表現と考えれば良い。もちろん、repair する人物が特定している状況においては当然、My car needs the mechanic's repairing. という形の表現となるだろう。

動名詞と to-不定詞の使い分け

動詞によって目的語に動名詞を取る場合と to-不定詞を取る場合、両方を取る場合がある。 動詞+動名詞 動詞+to-不定詞 両方(意味は同じ) 両方(意味が異なる) このような分類を受け容れると、結局はそれぞれの動詞群を暗記するしかなくなる。動名詞と to-不定詞の根本的な違いで理解するならば、そのような必要はなくなる。 1. 動詞+動名詞 ex. avoid, deny, enjoy, finish, mind, stop この場合、本質的に動詞は他動詞であり、SVO の O として動名詞が存在する。なので、O の具体的存在感が重視される。 2. 動詞+to-不定詞 ex. afford, expect, hope, pretend, wish この場合、本質的に動詞は自動詞であり、SVM の M として to-不定詞が存在する。なので、SV によって叙述が一応完結し、to-不定詞は付加的情報としての漠然とした曖昧模糊とした存在感となる。 3. 両方(意味は同じ) ex. begin, continue, like, start 日本語に訳す場合に同じ表現になるというだけで、本当は違うことになる。 4. 両方(意味が異なる) ex. forget, remember, regret, stop SVO か SVM かの違いが、「過去〜現在」の具体性か、「未来」の漠然性か、という違いを生むことになる。 要するに 4 ケースに分けてそれぞれの動詞群を暗記するようなことをする必要はなく、単に、「動詞+動名詞(SVO)か、動詞+to-不定詞(SVM)か」ということを理解していれば良い。

動名詞の意味上の主語

Do you mind my smoking? Do you mind me smoking? 動名詞の意味上の主語が、「述語動詞の目的語との混同で目的格(この例では me)となる場合がある」という説明がよくされるが、間違っている。 後者の smoking は動名詞ではなく、分詞であり、目的語 me を修飾する形容詞である。名詞と形容詞の区別は極めて初歩的な物事のはずだが、それができていない場合は、たとえ英語の専門教育を受けていて教育に携っているような人であっても、解説の方は信用してはならない。ただ、その道の情報について博識だというだけの話。 私の喫煙行為を気にしますか? 喫煙する私のことを気にしますか? そもそも、より本質的なことを言うと、「動名詞」なんて分類もおかしな話で、あくまでも分詞、そのうちの名詞的用法に過ぎないわけなのだが。

疑問詞+to-不定詞

I don't know what to do with him. 特別視する必要はなく、単なる名詞+不定詞(形容詞的用法)である。 彼と一緒にするべき何か(を、私は知らない) 要するに疑問詞 what はここでは名詞である。

西澤ロイ『頑張らない英文法』

図書館で予約していた、西澤ロイ『 頑張らない英文法 』(あさ出版、2014年)が 2、3 年以上かかって順番が回ってきた。 自分自身が独学で体得していたことが、大学の英語学科で学んだ専門家の言っていることとほとんど一致していることを確認できた。筆者がこの本で解説していることは、基本的に中学英語の範囲の文法事項だが、この中学英語の範囲の文法事項を、このような形で理解しているということが重要である。テスト勉強用の知識としていくら中学英語を 100 点満点の状態でインプットできていたとしても、意味がないのである。 個人的には、自分のような体得に至っていない人には、この本は自分が人に英語を教える時に強調して言っていることと重複しているので、購入、一読をお勧めできる本である。 自分自身として、この本を読んで一つだけ、得られたことは、情報の先後で意味合いが違うため、能動態と受動態といったような書き換えられた文の意味に違いが生じるという点である。情報の先後による違い自体は自分なりに理論を構築していたが、能動態と受動態などの書き換えによって生じる意味の違いについては、特に生じるか生じないかということ自体を意識することはなかったため、これについては一つの収穫だった。 自分が理工学系的発想で築いた独自理論は、筆者がこの本で解説しているものよりも、さらにアグレッシヴにカスタマイズされているのだが、少なくとも、この本に書かれていることは、自分が学校教育の英語の文法とは違って独自に編み出したものと、同じ考え方が述べられていたので、それが決して的外れな我流理論というわけでもないことが確認できて良かった。

Karma Chameleon

イメージ
今日、ABBA が何十年ぶりかに新曲を出すとかいうニュースがあり、そのつながりで、Youtube で ABBA の曲など視聴していたら、関連リストの中になぜか一つだけ ABBA ではなく Culture Club の Karma Chameleon が紛れ込んでいたのが目に付いた。 中学 1、2 年の頃だったと思うが、学校の英語の先生(女性)が、授業でこの曲を聴かせたりしたのを思い出した。その頃の記憶では Karma というのはカーマという女性の名前の意味だと言われていた。その先生がそう教えたのか、ラジオなどでその曲を流す際の解説でそういう風に言われていたのか、どちらかは定かではない。ともかく、昔中学生の頃この曲を初めて聞いた記憶と共に、「この曲はカーマという移り気な女性に翻弄される男の気持を歌ったものだ」という情報ははっきりと記憶に刻まれている。 今や英語に関しては完全に DIY で接することができるので、ふと、この Karma が、「カルマ(仏教用語の「業」)」のことなんじゃないかと思って物凄く気になり、確かめてみたくなった。映画の邦訳など日本の文化系分野の英語業界の詐欺紛いには最近常々目敏くなっているので、どれ、音楽業界の方はどうなんだい? と。 まず、 Music Video を観ても、Karma がカルマの意味であることは一目瞭然である。一人のスリかつ詐欺師の男が、フェリーの女性客たちの装飾品を盗み、さらに男性客たちからはイカサマで金を巻き上げる。調子に乗り過ぎたせいで、イカサマと盗みがばれ、袋叩きにあい、男はフェリーから放り出されて悪事は破綻、カルマの法則的な因果応報の結末を迎えるというストーリー仕立てになっている。 次に、実際の英語の歌詞を調べてみた。確かに、この歌詞を文章化したものだけを見ると、今度は、「女性に翻弄される男の気持」という構図とするのは、大きく間違ってはいない。反対に、Karma =カルマとする場合、この歌詞を深読みする必要が出てくる。もちろん、歌詞(詩)というものは一つの言葉を多義的にして深みを持たせるのが普通なので、「表面的にはカーマという女性のことを歌っていて、実際はカルマのことを暗示する」なんて話はよくあることである。 三番目に、ちょっと Web を調べれば見付けられるが、ボーイ・ジョージ自身のこの曲の意味につ

池上彰の英語力

イメージ
イランの街で掲げられた“DOWN WITH THE U.S.A”を見て曰く『「打倒アメリカ」と書いてある』ってドヤ顔で池上さん…… アメリカが中東(シリア)なんかで空爆してるのを指して、「爆弾がアメリカと一緒に降ってくる」って言ってるだけ、絵に描いてあることそのまんま、中学レベルの英語でしょう。 誰が「打倒」なんて言ってるかというと、イランの人がそのポスターで言っていないセリフだから、他ならぬ、池上さん(の脳内の誰か)のセリフってことになる。 というか、ちょっと以前にも、池上さんの出身母体である NHK の通常のニュースで、アメリカのシリア攻撃に対してイランで反米抗議運動が広がってるというものを見たことがあるけど、英語では“Americans go home!”で、単に中東への派兵をやめて「家に帰れ」ということしか言ってないのに、NHK の字幕は、「アメリカに死を!」だった。NHK と NHK ブランドに肯定的な日本全国津々浦々の視聴者はこういうレベルで世界を認識したつもりになっている。 池上彰は英語が堪能である。自らの海外取材に駆使するだけではなく、NHK時代には国際シンポジウムの司会も英語でこなした。 (公式ファンクラブの解説より) 大学入試で英語の配点が高い慶應大学の出身。 これが日本の英語の現状。