2016年8月22日月曜日

QNAP の Web UI にログイン不可能になった場合の対処法

仮想ホストの HTTPS や証明書の設定をしていた時、何かの拍子、というか XXX.myqnapcloud.com の証明書の設定をリセットした拍子に、Web UI にログインできなくなり、困った状態になった。延々と Web 画面がリダイレクトされるループ状態になってしまう。

原因は、デフォルトでは、Web UI の HTTP ポートが 80、HTTPS ポートが 443 で、仮想ホストの Web サーバーの HTTP ポートが 8080、HTTPS ポートが 8081 のところを、Web UI と仮想ホストで入れ替えて、Web UI が HTTP(8080)と HTTPS(8081)、仮想ホストが HTTP(80)と HTTPS(443)にしていた。さらに、Web UI を HTTPS のみでログインできるようにして、HTTP ではログインできないようにしていた。ポート設定が、証明書のリセットのタイミングで Web UI のポート設定がデフォルトに戻り、HTTP はログインを拒絶して HTTPS にリダイレクトするのだが、リダイレクト先が間違っており、仮想ホストの無効なポートへのアクセスとして処理されて Web UI の HTTP へとリダイレクトを戻す、というループに陥ってしまったようだ。

最悪、NAS の設定をリセットして再起動すればいいわけだが、SSH によるログインはまだできる状態だったので、リセットが避けられればそれに越したことはない。情報を検索すると、QNAP のフォーラムにまさしく同じ状況に陥っている人がいて、達人の pwilson さんが対処法を回答していた。お蔭様で、設定リセットすることなく、復帰することができた。

pwilson さんは一連のコマンドをアドバイスしてくれているが、僕のケースでは、HTTP でのログインさえ再び有効化すればよかったので、SSH で、

setcfg System 'Force SSL' '0'
/etc/init.d/Qthttpd.sh restart
/etc/init.d/stunnel.sh restart

だけ実行して、HTTP でのログインを有効にして、あとは、HTTPd と stunnel を再起動するだけで十分だった。

それで Web UI にログインできるようになったので、ポート設定などをちゃんと設定し直して、最後に、HTTP でのログインを禁止する設定にして終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿