2016年7月31日日曜日

ドトールの神対応! バリューカードのチャージが JCB 対応に!!!

2016-05-03 の記事「楽天カード(JCB)でドトールバリューカードへクレジットチャージする方法」では、JCB から直接チャージできないドトールのバリューカードへ、楽天のバーチャルマスターカードを経由してチャージする方法を紹介しました。

今、偶然、気付いたのですが、JCB でチャージ可能になっているじゃないですか! それも、7/29 に始まったばかり。

実は、7 月 25 〜 31 日の期間限定で、LINE Pay カードのポイントが通常の 2 倍の 4.0% になっているところだったので、早速、上限の 3 万円ギリギリまでチャージしてしまいました。偶然良いタイミングで気付いたものです。

LINE Pay の件は脇に置くとして、ドトールの神対応ぶりに感心しました。

実は、5 月の時点で、上記のようなバーチャルマスターカードによる迂回策を編み出す前に、ドトールに JCB が使えるようにして欲しいとの要望を出していたのです。オンラインフォームから送信したので、こちらの文章は残っていませんが、ドトールからの回答はちゃんとメールでいただきました:


Sent: Wednesday, April 27, 2016 at 5:04 PM
From: support-dcs@doutor.co.jp
To: xxxx@xxxxx.xxx
Subject: バリューカードの件・お詫び申し上げます

拝啓
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は、弊社チェーン・ドトールコーヒーショップをご利用いただきまして、誠
にありがとうございます。またこのたびは、ドトールバリューカードに関しまし
て、貴重なご意見を賜りましたこと、重ねて御礼申し上げます。
しかしながら、マイドトールにてクレジットチャージを行う際“JCB”カードの
ご利用が叶いませんことから、ご不便をお掛けしておりますこと、お詫び申し上
げます。
現状、同カードの導入の予定はございませんが、弊社関係部署に申し伝え、今後
の検討課題とさせていただきます。
このたびは、貴重なご意見を賜りまして、誠にありがとうございました。
敬具

株式会社ドトールコーヒー
お客様相談室 

僕自身がどういう言い方で要望を伝えたのか残っていないのが残念ですが、確か、「ドトールの客層だと、普通に JCB をメインにしている人が VISA や mastercard のユーザー並にいると思うので、その人たちにとっては不便だと思う。今後の導入の予定はないか?」というようなものだったと思います。4 月末にこういったやりとりがあって、上の返事をいただいた時は、まあ、社交辞令的な想定内の返事として受け止めていましたが、時期的に、ちょうど 3 ヶ月後に導入されたというのは、上のやりとりで本気で関係部署に渡って検討してもらった可能性が高いように思われます。ドトール、凄過ぎる!

おそらく、ドトールとしては、バリューカードの業務をセディナに委託してやってもらっているので、「JCB 八分」にしている事態を把握していなかったのだと思います。セディナは三井住友VISAの下部組織のようなカード会社で、この三井住友系カードグループは日本全国で「JCB 八分」を主導しているわけです。ドトールから要請がない限り、「VISA/mastercard 対応で、クレジット対応してますよ」と知らんぷりを決め込んでいたのだろうと思います。しかし、マイナーな利益効率優先の安物ブランドなら別としても、ドトールみたいなメジャーで客層も広そうなブランドで、JCB だけ対応していないというのは、やっぱり不釣り合いなわけです。ですから、実際に要望が伝わると、ちゃんとその辺りのサービスのバランス面を重視してくれて、JCB 対応を決定してもらったのだと思います。

いやーともかくドトール、神対応ですよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿