青森県恐山は神霊界に一番近い(北海道は神霊界そのもの)という話

動画 1 話目:

632:本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 09:02:45 ID:Rj4GYdolO

俺は青森に住んでるんだけど、地元に住んでる人は知ってると思うけど青森って神様っつーか霊能力者みたいな人かなり多いよな?

俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で火葬場に親族一同集まった事がある。当然坊さんもくるわけ。
そんででかい待合室の隅の喫煙所でタバコ吸ってたら坊さんも一服しにきたんだよ。
そんで結構坊さんの話って面白いんだよなw
その坊さんは職業として僧侶やってるんだけど、その道に入ったのはやっぱ霊能力みたいなのがチラっとあって、昔から自分は坊主やるんだろうな~って思ってたとか、意外と儲かるからいい車買ったとかw
その中で興味深かったのは、青森ってリアルに霊界に1番近い土地なんだと。そんで恐山が人間の世界の局地っつーかある意味端っこだそうだ。
そんで北海道ってのは神様の土地なんだって。原住民のアイヌは文字通り神の民。
そんで今の世界は六道でいう修羅道になっているけど、幸いまだ日本に地獄ってのは出来た事は無いらしい。

そんで神が負けると地獄になるんだけど、修羅道ってのはまさに神と魔物が戦争してる状態なんだって。
魔物は人間から恐怖を取り去ってしまって、神を恐れなくなって神を殺そうとしたり、やってはいけない罪(内容は詳しく知らないスマン)をやってしまう。
そんで過去にあったアイヌ民族迫害やなんかはまさに魔物に取り付かれた人間の行為その物らしい。
その神が負けないように神を手助けするのが神道で、魔物に負けない人間を作るのが仏教の教え。

問題はこの続きの話で、神が負けて地獄になったらどうなるかって聞いてみたんだ。
そしたら既に一回負けてるっていうんだよ。
おかしな話だよな。日本に地獄はまだ無いのに。そんでそこ聞いたら「日本じゃなく遠い国で負けた。そこはもう地獄になってて、神も魔物もいなくなってる」って言うのさ。
じゃあそれどこって聞いたらさらっと「イスラエル」って言った。バリ仏教の坊さんがだよ。そんで神様は仕方なく中国大陸通って日本まで逃げ込んで、日本人とは別のアイヌの民としてなんとか形勢を立て直そうと奮闘してるらしい。

633:本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 09:05:05 ID:Rj4GYdolO

続き

依然は規律を教えるばかりで魔物に対処する術を持たなかった人間をなんとかする為にシルクロードを通る中でインドの仏教や道教を作り出して、日本で一応の完成を迎えたらしいんだけど、それでもまだ魔物ってのがしつこすぎてやられそうなんだってさ。
だから霊界に1番近い青森でいっぱい霊能力者作ってなんとか対抗しようと頑張ってるんだそうだ。
ちなみに神が魔物に打ち勝つには人間がその存在を知ればいいだけなんだって。
別に祈るとか訳解らん高い壷買うとかは不要w
ただ何となくでいいから神様居るよって思っていればおk。
それをいろんな人に伝えるのが霊能力者の役割で、そういう人は神も魔物も見えちゃうし魔物からしたら敵なので大変らしい。というか俺の知り合いにも一人マジモンで見えるどころか軽く悟った奴居るから思わず納得してしまった。おまけに似たような事も言うしw
そいつも神様はちゃんと居て俺達を見てくれてるとか言うし、その割に変なのに憑かれてて大変だった。俺はそいつと一緒に居るときは変な物たっぷり見たし、幸い俺は遭遇しなかったけど魔物にも憑かれてるって言ってたし。

ほとんどユダヤっぽい話だけどその坊さんはマジで言ってた。
あと北海道は神様の土地っていうけど物理的にはただの土地なんで青森が1番らしい。
エルサレムも国家としてのイスラエルじゃなく約束の土地って意味のイスラエル。
中東近辺はもう神様の手から離れてるから人間がなんとかするしかないって。
そのうち中東から大なり小なり最後の戦争は必ず起きるとも言ってた。
その時まで日本を守るのが今の神様が考えてる事だとさ。

以上。なんか怖くも無いしつまらん話だけど一応書いとく。というか今まで書こうかかなり迷ってたんだけどねw
これ創作でも何でもなく本気で坊さんが言ってた話。
知り合いの霊能力者も数年前からコンタクト取れなくなってる。
そいつが言うには今のところ人間は覚悟が足らないってさ。あと神様はピンチではあるけど負ける事は無いだろうとも言ってた。
完全に魔物の意思の人間も既に沢山居るけどそいつらは神様じゃなく人間によって駆逐されると思うとも。

知り合いにガチの霊能力者居るならこれと同じ事聞いて見て欲しい。似たような事言うかも知れない。または自分がガチだって人も意見聞かせてほしい。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?213

637:本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 09:39:51 ID:Rj4GYdolO

>>635
おお、さっそく反応サンクス。

実際坊さんから聞いた時は「???」てなモンだったよ。
そのあとで知り合いが霊能力持ちって知って質問攻めしたら同じ事いうから実際そうなのか気になってしょうがないんだよ。
「なんでお前そこまで知ってる訳?」とか言われたし。
コイツ等のせいでオカルトに興味持ったからなw

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?213

647:本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 10:23:08 ID:Rj4GYdolO

>>642
興味を持ってくれてありがとw

書き忘れてたんだけど、地獄ってのは「戦争が目的の戦争状態」なんだと。それがまさに地獄なんだって。
そうなれば破滅しか戦争終結の手段は無くなる。

結構神様のやる事って政治色が強くて、よくいう呪いとかはあくまで人間が起こす災害なんだと。
あと魔物憑きの人間はやたら怖いもの知らずでしかもそれを他人に押し付けてくるような奴だからすぐ解るらしい。
俺は解らんがw

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?213
青森県恐山は神霊界に一番近く、北海道は神霊界そのもの
典型的な日本的宗教観だが、これは当たらずとも遠からず、というか 50% 正しいというようなグレーな中間状態というわけではない。典型的な「群盲、象を撫でる」的な話。断片としては間違っていない。一方、断片から組み立てた全体像・思想が不完全な妄想・邪見、というものである。これは、仏教外の異教に限らず、大元のパーリ仏教に対し、→ 大乗仏教 → 中国仏教 → 和製仏教と劣化コピーを経るに従って、不完全化する「群盲、象を撫でる」的な邪見(外道)化を辿っていった。
要するに、典型的な日本的宗教観(和製仏教+神道)というのは、アニミズムの思考の枠組みの中に矮小化された形で仏教等の外来宗教を取り込んでいる。神道はそのままアニミズムと言ってもあまり異論はないかもしれないが、本来、アニミズムではない、仏教にせよ、アブラハムの一神教にせよ、日本では、結局は、アニミズム的な思考の枠組みの中に歪められ、ペシャンコに低次元化されて、似非仏教や、似非一神教の形で受容されているというのが、ポイントである。
典型的な日本的宗教観=アニミズム(和製仏教+神道)というのは、少し古い世代には水木しげるの「妖怪」観を考えてみるとわかりやすい。また若い世代、ファンタジーやゲーム文化に親しんでいる世代にとっては、「精霊」や「妖精」と言った方がイメージしやすいだろうか。「善神(聖)vs 悪魔(邪)」という対立構図に対する、中立的な第三者的立場の自然界の精霊・妖精である。
日本的宗教観では、このように、ほとんど精霊的な神霊世界に偏っているため、世界標準(真正のパーリ仏教や、アブラハムの一神教など)からすれば、神とは呼べない、自然界の精霊を、何でもかんでも「神」とか「神霊」とか言って、区別せずに同一視している。世界標準的には、神というのは、天神のことを言い、地上世界ではなく、天上界的な存在である。アニミズムでは、基本的には地上の自然界にいる霊的な存在を何でも「神、神」と呼んで崇めるので、実質的には精霊信仰なのである。たとえアマテラスのような太陽神であっても、結局は、地上(の自然)世界における太陽の恵みを神格化している面において、精霊信仰の一種、アニミズムの範疇である。世界標準的な意味での天神ではない(もちろん、明治維新以降、キリスト教の影響を受けて、後付け的に天神的な教学上の意味付けを行なったりもしているわけだが……)。
つまりこのように、アニミズムというのは、「神、神」と呼んでも、本質的に地上世界的な存在なので、ある。天上世界という、垂直方向の高度な存在性を持ってはいない。
「青森県恐山は神霊界に一番近く、北海道は神霊界そのもの」というのは、そういう意味で、北海道は元々未開の土地であり、アイヌの民が狩猟採集生活をしていた。これはまさしく自然の状態とその中での人間の生活形態を示している。アイヌの民のように原始的生活をしているピュアな状態がアニミズム本来の生活であり、原始的生活から離れてしまって、宗教儀式として心の中に原始的生活の自然とつながっていた時のピュアな状態を思い出そうとしているのが、「神霊界に近づく」という行為なのである。
神が負けないように神を手助けするのが神道、魔物に負けない人間を作るのが仏教
神道はアニミズムであるから、上述のように、自然の中で原始的生活をしていた時のピュアな心の状態を取り戻そうするのが神道と言える。日本の宗教観で「神、神」と言っても、世界標準的には、自然界の精霊であり、天神(支配神的な神)ではないのに留意。
仏教の方は、自然や精霊といった外的・環境要因に依存せず、一人一人の人間自身の側の心を浄化するための教えであるから、あながち「魔物に負けない人間を作る」という表現は間違ってはいない。仏教によって、環境(自然)が豊かであっても荒廃していても、左右されない強さを培える。仏教では、墓場に住んだり、古着を着たりする修行僧がいるが、「穢れ」を神経質に恐れる神道やユダヤ教には、理解不能な話となる。
イスラエルでは神が魔物に負けた。そこはもう地獄になってて、神も魔物もいなくなっている
典型的な日本的宗教観は「神、神」と呼んでいるのは、アニミズム的、自然界の精霊を神格化しているものであり、精霊がいなくなってしまえば「神も魔物もいなくなっている」という見方となる。天神(垂直方向の高度な存在性を持つ、支配神的な神格)は、いたとしても、認識外となる。そして精霊がいない土地が地獄となるが、これも世界標準としてはおかしい。結局のところは、「人間の心が地獄状態になるか・ならないか」なので、精霊がおらずとも、(仏教や)天神への信仰によって、心が地獄状態にならないで暮すことは、依然、可能である。
地獄というのは「戦争が目的の戦争状態」
この表現も、(地獄は、戦争状態だけではないため)一部を表したものではあるが、断片として間違ってはいない。戦死者が地獄に行く場合、戦争しているから、敵が攻撃しているから、あっちが悪いから、「殺られる前に殺らねば、こちらが殺られる!」と、「躊躇している暇はない」という思考の中にいるので、死んでも、気付かない。気付く余裕がない。永遠の悪循環ループ。そういう状態が地獄。古戦場で戦い続ける地獄の亡者たち。
魔物憑きの人間はやたら怖いもの知らずでしかもそれを他人に押し付けてくるような奴だからすぐ解る
同調圧力というのは日本の社会性だが、日本社会は既に魔物のコントロール化にあるということか?
神と魔物が戦争してる状態
世界標準で言う、天使と悪魔の戦争とは違っている。ここ(アニミズム的日本の宗教観)で言う「神」というのは自然界の「精霊」のことであり、それと対立している魔物というのも、地上的な存在のはず。ということは、パーリ仏教の知識で解明すれば、ここで「魔物」と呼んでいるものは、(狭義の)「夜叉」であろう。パーリ仏教では、樹木や河川などの自然の恵みをもたらす事物に宿る神霊は一般的に人間に好意的な存在であり、人間のサイコパス的な度を外れた悪意等によって死後、通常の幽霊(餓鬼)ではなく悪霊化したものが夜叉(ヤッカ)=悪鬼であり一般的に人間に危害を加える存在である。神と魔物の間の戦争状態というのは、物質主義で自然破壊を顧みない連中が魔物(夜叉)の勢力であり、自然と調和したスローライフな精神的に豊かな価値観を掲げる人々が神(精霊)の勢力ということだろうか。
修羅道
仏教的に、天使と悪魔の戦争のイメージのような「聖と邪の葛藤」という状態を「修羅道」と呼ぶのは間違っている。人間界(道)はあくまでも人間界(道)である。パーリ仏教的に、アスラというのは、微妙な扱いで、「五道輪廻」の中では天宮餓鬼のような(天界と餓鬼界を定期的に行き来する)ハイブリッドの扱いである。

このブログの人気の投稿

シークエンスパパともの先見の明

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパとも 本物の霊能力