竜宮悲話

動画 3 話目:

623:本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 13:17:16.17 ID:YZSjF0lb0

海の話です。

浦島太郎は、有名な竜宮伝説の一つですが、似たような話があります。
漁村の若者、茂吉さんは、とても快活な好青年でした。結婚して娘が一人いて
夫婦仲もよく、若いながら村でも信望を集めていて、いろいろと世話役としても
信頼されていました。ある日、茂吉さんが漁にでたまま帰らないことがありました。
夜になっても帰らない。村人が船を出したり、海岸を歩いてさがしたところ、
彼の漁船(小さな船)が無人で漂っていたのが発見されました。茂吉さんは見つからない。
二日後の朝、茂吉さんは、海岸で座りこんでいるのを発見されました。健康に問題
はありませんでしたが、彼は人が変わったように無口で陰気な感じになっていました。
家族に対しても愛想が悪く、人とほとんど口を聞きません。「ああ、うぅ、」という
ばかりでした。記憶喪失か?というとそうでもなく、自分の家のこと、村のこと、仕事
のことなどは覚えていて、問題なくこなします。ただ、無口でよそよそしい。遭難して
少し頭がおかしくなったのか?とも村人たちは思いましたが、字も書けるし計算も
できる。
(つづく)

624:本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 13:22:15.78 ID:YZSjF0lb0

>>623
(つづき)
茂吉さんの両親や妻は、彼の変貌ぶりに当惑し悲しみましたが、本人は気にしていない様子。
それで何年かたった時、茂吉さんは徴兵されて支那へ。彼の戦死通達が届きましたが、それと
同じくらいの時に、茂吉さんから家族に向けての手紙も届きました。
手紙には、次節の挨拶と現地(支那)が自分の漁村とどんなに違うか:ということが書かれて
おり、次のようなことが書かれていました。
自分が、漁で遭難して帰ってから無口になり、あまり家族と良く接しなかったのはわけがある。
茂吉さんは、突風によって回転した帆にあたって海に落ちました。それくらいは何のことは
ありません。すぐに船に上がろうとしましたが、後ろから何者かによって、海に引きずり込ま
れたそうです。手足や肩を掴んでくる者を水中で蹴って振り払おうとしましたができず、
気を失いました。気がついた時には、大きな屋敷の広い座敷に寝ていたそうです。助かった
と思っていると、数名の男が一人の少女をつれてふすまを開けてやってきました。
そのなかの一人が言うには、「おまえは、この少女と夫婦になって、ここで暮らせと」。
それだけを言うと、男たちは退室し、10歳ほどの少女だけがのこされました。
(つづく)

625:本当にあった怖い名無し:2013/11/16(土) 13:23:58.71 ID:YZSjF0lb0

>>624
(つづき)
茂吉さんは当惑しましたが、気丈さを取り戻し、少女にここはどこだ?彼らは何者だ?
と訪ねましたが、少女は、何も言いません。どのくらい時間がたったのかわかりませんが、
再び一人の男が食事をもってきました。その時、茂吉さんは、その男に、早く自分の
家に返してくれ、ここで住むつもりもない、この少女と夫婦となる気もない、と強く
言いました。男は、無関心に退室しましたが、今度はその少女が口を開きました。
「おまえはなんと憎いことよ。我々の申し出を断るとは。それほどなら返してやる。
しかし、今後、お前が幸福を感じたら、お前の幸福の源(家族でしょうね)を断つぞ」
と大人びた口調で言ったそうです。その後の記憶は茂吉さんにはなく、気がつくと、
海岸で村人に保護されていたと。
その後、少女の話が気になって、家族のもとに帰っても無愛想で無関心な態度を貫いた
のだとのことでした。家族に対して、そのような態度をとって悲しませたことを申し
訳ない:と述べてあったそうです。普通は、あまり細かいことを書いた手紙は軍の検閲
に引っかかってしまうのですが、この手紙は、そのまま届いた(と思われる)そうです。

戦争が終わって、茂吉さんと同じ隊にいた兵士が訪ねてきたそうですが、彼によると、
軍隊での茂吉さんは、とても快活で他人にも親切で、勇敢に戦って戦死したとのこと。
その姿は、遭難する前の茂吉さんであったと、家族には感じられたそうです。
(おわり)

海にまつわる怖い話・不思議な話 19

エイリアン・アブダクションの竜宮版のような話だが、僕はむしろエイリアン・アブダクションの方が、ナーガによる神隠し現象の現代アメリカ版だと考えている。

さて、この少女はナーガで、広い屋敷に住まわされていることなど雰囲気的に他の男のナーガ連中よりも地位が高そうな印象である。

ナーガの姫様の愛を拒んだ茂吉に対し、気持を害しながらも、茂吉のことは直接害そうとせず、結局は彼の意志を容れて無事に彼を帰したこと。ただし、「幸福の源(家族)を断つ」と脅されたことなど、狐型ナーガにも見られる、嫉妬深く、本人ではなく周囲の女などに祟る性質を示している(cf. 「ナーガ嫁」)。

ストーリー的には、ナーガの側が一方的に茂吉を連れ去ってナーガの姫様と結婚させようとしたという形になっている。そして、竜宮から生還したものの、ナーガ姫の脅しによって、元通りの家族との幸せな生活を奪われることになり、彼が中国で戦死するまで戻ることはなかった、と。

しかし、ここで、一つ、ナーガの側に立った見方をしてみると、なぜ、そもそも茂吉にナーガの姫様を与えるという厚遇をしようとしていたか、ということである。仮説として、彼らナーガには、茂吉が家族との幸せな生活をする徳が尽きていること、そしておそらくそれが戦争による徴兵と戦死という形になるのであろうというようなことが、見えていたのではないか。

地上における人間としての命数の尽きた彼を〝保護〟して、竜宮に連れてきてナーガ姫との第二の余生を与えることは、彼を助けることであって、何ら悪いことをしているつもりはなかったのではないかと思われる。

このあたり、何を話せば誤解がなかったとか、何は話さずにいきなり実力行使に移しても問題ないとか、こういう価値判断基準が、人間とナーガの間では感覚的にかなりズレているのである。

そもそもナーガというのは、口下手で、あまりコミュニケーションには長けていないらしいのだ。マン・ブーリダッタ師によると。

最後に、なぜ、ナーガ姫の側が茂吉を求めたのかという点については、このストーリーの情報からは謎だが、茂吉の側で知らない間に何らかの恩義を与えていたことがあったとか、過去生の因縁があったりしたのであろう。

コメント

このブログの人気の投稿

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパともの先見の明

シークエンスパパとも 本物の霊能力