池上彰の英語力

イランの街で掲げられた“DOWN WITH THE U.S.A”を見て曰く『「打倒アメリカ」と書いてある』ってドヤ顔で池上さん……

アメリカが中東(シリア)なんかで空爆してるのを指して、「爆弾がアメリカと一緒に降ってくる」って言ってるだけ、絵に描いてあることそのまんま、中学レベルの英語でしょう。

誰が「打倒」なんて言ってるかというと、イランの人がそのポスターで言っていないセリフだから、他ならぬ、池上さん(の脳内の誰か)のセリフってことになる。

というか、ちょっと以前にも、池上さんの出身母体である NHK の通常のニュースで、アメリカのシリア攻撃に対してイランで反米抗議運動が広がってるというものを見たことがあるけど、英語では“Americans go home!”で、単に中東への派兵をやめて「家に帰れ」ということしか言ってないのに、NHK の字幕は、「アメリカに死を!」だった。NHK と NHK ブランドに肯定的な日本全国津々浦々の視聴者はこういうレベルで世界を認識したつもりになっている。


  • 池上彰は英語が堪能である。自らの海外取材に駆使するだけではなく、NHK時代には国際シンポジウムの司会も英語でこなした。(公式ファンクラブの解説より)
  • 大学入試で英語の配点が高い慶應大学の出身。

これが日本の英語の現状。

コメント

このブログの人気の投稿

シークエンスパパともの先見の明

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパとも 本物の霊能力