肩凝りと霊障

動画 3 話目「私は乗り放題」

657:本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 01:17:31.45 ID:LCoAchil0

肩こりが酷く週一でカイロや整体に通ってたが改善せず
職業柄仕方がないと思ってた
頭が重いのも肩こりからくる症状だと思ってた
整体に行った帰り道で学生時代の同級生A子に遭遇した
A子は職場の後輩ちゃんと二人で買い物に行った帰り
らしく、喉が渇いたから二人分何か奢れと強請ってきた
まあ立ち話も何だからと近くのスタバに3人で休憩がてら
入ったが、向かい合わせに座った後輩ちゃんの視線がおかしい
自分の頭のはるか上をチラチラ見てる
そして意を決したように
失礼ですけど正気ですか?と聞いてきた

658:本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 01:19:02.84 ID:LCoAchil0

変態の自覚はありますが正気です(キリッ と正直に答えた
A子が横で噴出していたが後輩ちゃんは真面目な顔で続ける
肩とか頭とか重くないですか?
とても肩こりが酷く今日も整体に行った帰りです
最近は肩こりのせいで頭痛もありますとこれも真面目に答えた
医者の問診みたいだなーと思ってたら
それ違います絶対違います!乗ってる人が多すぎて重いんです!
おかしいです、それだけ乗ってるのに正気を保ってる方が!
と力説、後輩ちゃん所謂視える人でした
後輩ちゃんの話しによると、80以上乗っかってるそうで
横と後ろじゃなくとにかく積み上がってるらしい
後輩ちゃんは視えるだけで祓ったりは出来ない
でも少し減らす方法は知ってます。今からやりましょう!と
言ってくれた。

659:本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 01:20:52.50 ID:LCoAchil0

神社か寺にでも行くのかなと思ったら、人が混みあう繁華街
へと連れてこられた
いいですか、人の流れと逆走するようになるべくぶつかりながら
早足で進んで下さい
天井のある所は逃げ場が無いからすぐに戻ってきてしまうけど
こんな場所だったら波長が合う人に擦り付けて逃げれます!と
工エエェ(´д`)ェエエ工内心はこんな感じだったが
すみませんを数えきれないくらい言いながら繁華街を突っ切った
結果肩軽くなりましたヒャッホー
半分以上を振り落としてというか擦り付けたらしい
数えられるくらいまで減りましたよ!と後輩ちゃんが言ってました
ぶつかったみなさんごめんなさいw

660:本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 01:23:06.53 ID:icXf7EFP0

>>659
最近肩が凝るのはお前のせいかw

661:本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 01:25:11.61 ID:1bE+bgkP0

どういう風に80人以上乗っていたのかというのと 
後輩ちゃんがそれをどうやって数えたのかを聞きたい

662:本当にあった怖い名無し:2011/06/07(火) 01:35:04.82 ID:LCoAchil0

>>661
ラウンドの形で下の段が10何人で上にドンドン積み上がってる
形なので単純に×何段って計算したそうだ
上の方は頭だけしか見えなくて下手すりゃ100以上あったかもと言ってる

>>660
繁華街に行けばいいと思うよ
増えるか減るかは責任持たないけどw

【全米が】なんか笑える霊体験18【テラワロス】

722:本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 23:11:10.62 ID:8vZPIiZj0

657です
後輩ちゃんから普通は何とかしてくれそうな人に憑くと
でも、あなたは何もしてくれなくても居心地が良さそうで
うっかり拾ってくるというか乗っかってくるというか
しかもキャパが広すぎるので次から次へと増えていく
それにあなたには守護霊いないんで実質乗り放題です!
とその当時言われました・・・('A`)
その後も後輩ちゃんとは度々会う事になるんですが

723:本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 23:12:56.40 ID:8vZPIiZj0

会う度に頭上を見上げて今日も絶好調ですね!とか
嫌な挨拶をしやがります
まぁその辺はスルッと無視して後輩ちゃんに気になってた
事を質問してみた
Q 乗っかってるのってどんな人達?
A 老若男女色々で別に共通項はない
Q この状況って乗っかってる奴等は自分に間借してるって事?
A そういう考えでいくとあなたは家主or宿主
Q って事は家主は店子より立場が上だよな?
A えーっとそうなるのかな??

724:本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 23:14:08.31 ID:8vZPIiZj0

ちょっとやりたかった事を実践してみた
5秒後後輩ちゃん(´゚ω゚):;*.:;ブッッって噴出した
その後飲んでた酒が気管に入ったらしく涙流しながら
激しくゴホゴホやってた
それを見て成功したという事が分かった
オマエらバンザーイしろと心の中で思っただけなんだが
後輩ちゃんヒーヒー笑いながら説明してくれた
意思の疎通が出来る割と新しい人達は一斉にバンザーイ
とやってくれたらしい

725:本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 23:15:16.43 ID:8vZPIiZj0

特に小さい子はニコニコ顔でバンザーイやってくれたそうだ
上の方の頭しか見えなかった人達もお互いの頭をを突き抜け
るように手を上に上げてバンザーイをやってくれたので
見た目かなり笑えたらしい
意思の疎通が出来るのならと思い、お願いどっかに行って
と念じたが一斉に首を横に振られたのも後輩ちゃんの
ツボに入ったらしくしばらく喋れないくらい笑われたよ

【全米が】なんか笑える霊体験18【テラワロス】

外部からのエーテル次元の影響に受動的なタイプの人は、自分の内部からのエーテル次元の復元に時間がかかるので、このような「背負いやすい」体質になるものと思われる。エーテル次元の汚染エネルギーは、空間に滞留しているので、霊的に悪い場所を通りかかっただけで影響が出るのだろう。

またそのように滞留しているエーテル次元のエネルギーだから、他の人になすりつけて薄めることも可能になるというわけだ。

似たような肩凝りエピソードが他にもあった。

278:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:08:01 ID:/D2XOAhb0

肩凝り

私の同僚に起こった不思議な話。
私の同僚の名前は仮に佐藤さんとしておきます。

佐藤さんは良く働く忠実な人で会社での信頼もある40過ぎのおじさんです。
仕事上の私の至らない面な部分とかも私の知らないうちに直してあったりで本当に御世話になってます。
上記のような事とかがあって、それについて御礼を言ったりすると「あっ、直してた俺?」なんてとぼけたりするようないい感じの人です。
これから書くのはそんな佐藤さんに起こったお話です。
ちょっと長いかも知れませんがお付き合いくださると嬉しいです。

280:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:10:47 ID:/D2XOAhb0

肩凝り2
去年の夏が過ぎようとしていた頃でしょうか、めずらしく佐藤さんが「いやぁ最近疲れが溜まってきてるのかな、肩凝りが酷くてね。」なんて事を言ってたんです。
日頃から真面目だし仕事での愚痴なんかも佐藤さんの口からは聞いた事が無かったので少し吃驚しましたけれど、そこは忠実な佐藤さんの事、
傍目から見ていても働き過ぎなんじゃないかなと思うくらいに見えるし疲れが溜まるのも無理ない話だよねと思って「佐藤さん、だって働き過ぎなんですよ(笑」なんて言葉をかけると、
佐藤さんも「そうかもしれないなぁ、確かに御盆過ぎからは特に忙しかったしな。今頃夏バテかな?(笑」なんて笑って同調してました。
そんな愚痴を言う割に佐藤さんの笑顔がとても快活なので私もやっぱり働き過ぎだよねなんて思いつつ「そうですよ(笑」なんて笑って返しました。

281:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:12:36 ID:/D2XOAhb0

肩凝り3
そんな感じで一週間くらい過ぎたあたりからでしょうか、佐藤さんの様子がちょっとおかしくなってきました。
顔色もあまり良くないようでした。
「どうしたんですか?」と私が聞くと「うーん…どうも肩凝りが酷くなっていってる感じかなぁ。」との答え。
それを聞いて流石に私も心配になって「一度病院に行ってみたらどうですか?」と言うと佐藤さんはしばらく考えてから
「うーん…その方がいいな。早めに診てもらってくるよ。」と病院に行く様子。
そしてそれから3日か4日後くらいに病院に行って診察を受けました。
病院に行ったら結果教えて下さいねと佐藤さんに言っていた私の所に佐藤さんが来て結果を話してくれました。

282:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:14:12 ID:/D2XOAhb0

肩凝り4
「病院に行って検査とか受けてみたけれど、医者は特に問題は無い、働き過ぎからくる疲れが溜まっているんじゃないかとしか言われなかったんだよな~
…個人的にはそのレベルじゃないくらいに酷いと思ってたから何かの病気かなとか思ってたけれど…俺も年齢上、流石に身体が草臥れてきたかなぁ(笑」との事でした。
結果が問題ないって事を聞いて私も安心して「あんまり頑張り過ぎちゃだめですよ!(笑」と念を押す感じで言いました。
佐藤さんも「そうだなぁ、そろそろ身体の事も考えて仕事するようにしていかなくちゃなぁ(笑」と言っていました。
結果を聞いて私も佐藤さんも安心した感じだったのですが、やっぱり佐藤さんの肩凝りは日に日にひどくなる一方で良くなりませんでした。

283:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:15:39 ID:/D2XOAhb0

肩凝り5
しばらくたったある日、仕事が終わった後に友だちと呑みに行く約束をしていた私は定時に仕事を上がり、佐藤さんにお疲れの挨拶をしに行きました。
佐藤さんは今日も残業していく様子でした。
「お疲れ様です、佐藤さん。あんまり頑張らないって言ってたのにだめですよ。」と声をかけると
「おお、お疲れ。いやあ、ああは言ったもののやっぱり動いてないと落ち着かなくてね。」と佐藤さん。
「そうですか…。でも無理はしないでくださいね。」と返すと「ありがとうね(笑」と佐藤さんは笑ってましたが、笑った顔も疲れきっている感じでした。
「これから上がり?」そう佐藤さんに聞かれたので私は
「はい、今日は友だちと呑みに行く約束してまして。」と答えると「そうかそうか、楽しいといいな呑み会。」と言ってくれて下まで見送りに来てくれるとの事になりました。

284:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:17:45 ID:/D2XOAhb0

肩凝り6
下で友だちが迎えに来るまで佐藤さんとしゃべったりしていると友だちが来て、私は佐藤さんに挨拶をして友だちの車に乗りました。
佐藤さんは車が発進するまで玄関口で手を振っててくれてました。
そんな様子を見て友だちも「いい同僚さんがいるね。」なんて佐藤さんの事を誉めていました。
呑みに行って呑みながら色々話していると友だちが
「ねぇ、さっきのあなたの同僚さん、最近何か変わった事とかない?」なんていきなり聞いてきました。いきなりなんだろうと思って「どうして?」と聞き返すと友だちは少し考えたあとこう言いました。
「…うん。私さぁ結構不思議なものとか見える体質なんだ、昔からさ。」
「不思議なもの?」
「うん、霊とかさ。」
「えっそうなの!?」
「まぁあんまり人には体質の事言わないけどさ、気味悪がられたりするしさ。でもさ、さっきさ、あなたの同僚さん見た時さ、かなり酷い感じだったから聞いてみたんだよね。」
「かなり酷いって何が酷いの?」
「…憑いてる数がさ。あんなにいっぱいのせてると疲れが多分どっかに出てるんじゃないかと思ってさ。ちょっと数が普通じゃないから気になって聞いてみたんだよね。」

285:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:19:06 ID:/D2XOAhb0

肩凝り7
驚愕な事を聞かされました。
今までそんな可能性だとか全然考えてもいませんでした。
でもいきなり言われても信じれないので最近の事を佐藤さんに聞いてみようと思いました。友だちもそうした方がいいって言ってましたし…。
次の日、休憩時間にそれとなく佐藤さんに最近の事を聞いてみました。佐藤さんははじめ話すのが嫌そうな感じでしたが私の真剣な感じがわかったのかこう話してくれました。
「実は…。最近、家で寝ていたりすると耳元で誰かしゃべってる声が聞こえたり、金縛り?みたいなのにもよくなっていて…。俺は一人身だから、誰かの声がするだとかそんな事はありえないだろ。
なのにそんな声が聞こえてきたりするものだからちょっと精神がまいっているのかなと思って精神科にでも行こうと思っているんだよ。」と。
これを聞いて私も吃驚しました。友だちの言っている事が正しいとすれば声が聞こえてきたりするような事もあるかもしれません。私は昨日、友だちに聞いた事を佐藤さんに話してみました。

286:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:20:15 ID:/D2XOAhb0

肩凝り8
佐藤さんも少し半信半疑な様子でしたが、話を聞いている最中、ふと「そういえば…。肩凝りが始まった頃から変わった事が一つあるな。」と言い出しました。
それは何か私が聞くと「うん、いつも車で帰っているルートが今工事中で、最近はちょっと違う道を通って帰っているんだ。」との事でした。
でもそんなルートが変わったくらいでそんな現象が起こるものかどうかがちょっと二人とも?な感じだったので友だちにその事を話すと、知り合いの霊能力者を紹介してくれるとの事でした。
その事を佐藤さんに話すと佐藤さんはやっぱり半信半疑でしたが、とりあえず話だけは聞きに行ってみるという事になりました。
そして佐藤さんはその霊能力者の所まで相談に行きました。

287:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:22:05 ID:/D2XOAhb0

肩凝り9
相談が終わって帰ってきた佐藤さんは別人のように元気になっていました。
何があったのかいうと実は佐藤さんは霊を呼んでしまいやすい体質であった事、それと変わった帰りのルートが実は有名なスポットを通る事になっていたいう事、という事でした。
そのスポットを佐藤さんが通る事でそこに居着いている霊を知らず知らずのうちに引っ張り続けていたらしいです。
帰る道を変える事とお払いをしてもらう事で嘘のように肩凝りは消えたと言う事でした。
佐藤さんから聞いた霊能力者の話の一文が今でもとても強く私の記憶に残っています。
「帰る度にドスンドスンと重くなっていってた筈よ。トレーニングマシンの負荷が上がるようにね。
…でも大事にならなくて良かったわね。あのままその道通り続けてたら今きっとあなたこの世にいなかったかもしれないし。」

佐藤さんからはたくさんの御礼の品をもらいました(笑
不思議な事ってあるんですね…。
最後に、長くなってしまった上にあまり怖くないかもしれなくてごめんなさい。sage忘れすみませんでした。

死ぬ程洒落にならない怖い話しを集めてみない?105

佐藤さんのエピソードでは、(人通りでなすりつけるのではなく)ちゃんとお祓いで除霊したようである。

参考 1:なすりつける除霊法

「私は乗り放題」の人通りの多い場所で通行人になすりつける除霊法に似たようなやり方は、こちらのエピソードでも紹介されていた。

278:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:08:01 ID:/D2XOAhb0

肩凝り

私の同僚に起こった不思議な話。
私の同僚の名前は仮に佐藤さんとしておきます。

佐藤さんは良く働く忠実な人で会社での信頼もある40過ぎのおじさんです。
仕事上の私の至らない面な部分とかも私の知らないうちに直してあったりで本当に御世話になってます。
上記のような事とかがあって、それについて御礼を言ったりすると「あっ、直してた俺?」なんてとぼけたりするようないい感じの人です。
これから書くのはそんな佐藤さんに起こったお話です。
ちょっと長いかも知れませんがお付き合いくださると嬉しいです。

280:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:10:47 ID:/D2XOAhb0

肩凝り2
去年の夏が過ぎようとしていた頃でしょうか、めずらしく佐藤さんが「いやぁ最近疲れが溜まってきてるのかな、肩凝りが酷くてね。」なんて事を言ってたんです。
日頃から真面目だし仕事での愚痴なんかも佐藤さんの口からは聞いた事が無かったので少し吃驚しましたけれど、そこは忠実な佐藤さんの事、
傍目から見ていても働き過ぎなんじゃないかなと思うくらいに見えるし疲れが溜まるのも無理ない話だよねと思って「佐藤さん、だって働き過ぎなんですよ(笑」なんて言葉をかけると、
佐藤さんも「そうかもしれないなぁ、確かに御盆過ぎからは特に忙しかったしな。今頃夏バテかな?(笑」なんて笑って同調してました。
そんな愚痴を言う割に佐藤さんの笑顔がとても快活なので私もやっぱり働き過ぎだよねなんて思いつつ「そうですよ(笑」なんて笑って返しました。

281:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:12:36 ID:/D2XOAhb0

肩凝り3
そんな感じで一週間くらい過ぎたあたりからでしょうか、佐藤さんの様子がちょっとおかしくなってきました。
顔色もあまり良くないようでした。
「どうしたんですか?」と私が聞くと「うーん…どうも肩凝りが酷くなっていってる感じかなぁ。」との答え。
それを聞いて流石に私も心配になって「一度病院に行ってみたらどうですか?」と言うと佐藤さんはしばらく考えてから
「うーん…その方がいいな。早めに診てもらってくるよ。」と病院に行く様子。
そしてそれから3日か4日後くらいに病院に行って診察を受けました。
病院に行ったら結果教えて下さいねと佐藤さんに言っていた私の所に佐藤さんが来て結果を話してくれました。

282:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:14:12 ID:/D2XOAhb0

肩凝り4
「病院に行って検査とか受けてみたけれど、医者は特に問題は無い、働き過ぎからくる疲れが溜まっているんじゃないかとしか言われなかったんだよな~
…個人的にはそのレベルじゃないくらいに酷いと思ってたから何かの病気かなとか思ってたけれど…俺も年齢上、流石に身体が草臥れてきたかなぁ(笑」との事でした。
結果が問題ないって事を聞いて私も安心して「あんまり頑張り過ぎちゃだめですよ!(笑」と念を押す感じで言いました。
佐藤さんも「そうだなぁ、そろそろ身体の事も考えて仕事するようにしていかなくちゃなぁ(笑」と言っていました。
結果を聞いて私も佐藤さんも安心した感じだったのですが、やっぱり佐藤さんの肩凝りは日に日にひどくなる一方で良くなりませんでした。

283:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:15:39 ID:/D2XOAhb0

肩凝り5
しばらくたったある日、仕事が終わった後に友だちと呑みに行く約束をしていた私は定時に仕事を上がり、佐藤さんにお疲れの挨拶をしに行きました。
佐藤さんは今日も残業していく様子でした。
「お疲れ様です、佐藤さん。あんまり頑張らないって言ってたのにだめですよ。」と声をかけると
「おお、お疲れ。いやあ、ああは言ったもののやっぱり動いてないと落ち着かなくてね。」と佐藤さん。
「そうですか…。でも無理はしないでくださいね。」と返すと「ありがとうね(笑」と佐藤さんは笑ってましたが、笑った顔も疲れきっている感じでした。
「これから上がり?」そう佐藤さんに聞かれたので私は
「はい、今日は友だちと呑みに行く約束してまして。」と答えると「そうかそうか、楽しいといいな呑み会。」と言ってくれて下まで見送りに来てくれるとの事になりました。

284:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:17:45 ID:/D2XOAhb0

肩凝り6
下で友だちが迎えに来るまで佐藤さんとしゃべったりしていると友だちが来て、私は佐藤さんに挨拶をして友だちの車に乗りました。
佐藤さんは車が発進するまで玄関口で手を振っててくれてました。
そんな様子を見て友だちも「いい同僚さんがいるね。」なんて佐藤さんの事を誉めていました。
呑みに行って呑みながら色々話していると友だちが
「ねぇ、さっきのあなたの同僚さん、最近何か変わった事とかない?」なんていきなり聞いてきました。いきなりなんだろうと思って「どうして?」と聞き返すと友だちは少し考えたあとこう言いました。
「…うん。私さぁ結構不思議なものとか見える体質なんだ、昔からさ。」
「不思議なもの?」
「うん、霊とかさ。」
「えっそうなの!?」
「まぁあんまり人には体質の事言わないけどさ、気味悪がられたりするしさ。でもさ、さっきさ、あなたの同僚さん見た時さ、かなり酷い感じだったから聞いてみたんだよね。」
「かなり酷いって何が酷いの?」
「…憑いてる数がさ。あんなにいっぱいのせてると疲れが多分どっかに出てるんじゃないかと思ってさ。ちょっと数が普通じゃないから気になって聞いてみたんだよね。」

285:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:19:06 ID:/D2XOAhb0

肩凝り7
驚愕な事を聞かされました。
今までそんな可能性だとか全然考えてもいませんでした。
でもいきなり言われても信じれないので最近の事を佐藤さんに聞いてみようと思いました。友だちもそうした方がいいって言ってましたし…。
次の日、休憩時間にそれとなく佐藤さんに最近の事を聞いてみました。佐藤さんははじめ話すのが嫌そうな感じでしたが私の真剣な感じがわかったのかこう話してくれました。
「実は…。最近、家で寝ていたりすると耳元で誰かしゃべってる声が聞こえたり、金縛り?みたいなのにもよくなっていて…。俺は一人身だから、誰かの声がするだとかそんな事はありえないだろ。
なのにそんな声が聞こえてきたりするものだからちょっと精神がまいっているのかなと思って精神科にでも行こうと思っているんだよ。」と。
これを聞いて私も吃驚しました。友だちの言っている事が正しいとすれば声が聞こえてきたりするような事もあるかもしれません。私は昨日、友だちに聞いた事を佐藤さんに話してみました。

286:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:20:15 ID:/D2XOAhb0

肩凝り8
佐藤さんも少し半信半疑な様子でしたが、話を聞いている最中、ふと「そういえば…。肩凝りが始まった頃から変わった事が一つあるな。」と言い出しました。
それは何か私が聞くと「うん、いつも車で帰っているルートが今工事中で、最近はちょっと違う道を通って帰っているんだ。」との事でした。
でもそんなルートが変わったくらいでそんな現象が起こるものかどうかがちょっと二人とも?な感じだったので友だちにその事を話すと、知り合いの霊能力者を紹介してくれるとの事でした。
その事を佐藤さんに話すと佐藤さんはやっぱり半信半疑でしたが、とりあえず話だけは聞きに行ってみるという事になりました。
そして佐藤さんはその霊能力者の所まで相談に行きました。

287:本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:22:05 ID:/D2XOAhb0

肩凝り9
相談が終わって帰ってきた佐藤さんは別人のように元気になっていました。
何があったのかいうと実は佐藤さんは霊を呼んでしまいやすい体質であった事、それと変わった帰りのルートが実は有名なスポットを通る事になっていたいう事、という事でした。
そのスポットを佐藤さんが通る事でそこに居着いている霊を知らず知らずのうちに引っ張り続けていたらしいです。
帰る道を変える事とお払いをしてもらう事で嘘のように肩凝りは消えたと言う事でした。
佐藤さんから聞いた霊能力者の話の一文が今でもとても強く私の記憶に残っています。
「帰る度にドスンドスンと重くなっていってた筈よ。トレーニングマシンの負荷が上がるようにね。
…でも大事にならなくて良かったわね。あのままその道通り続けてたら今きっとあなたこの世にいなかったかもしれないし。」

佐藤さんからはたくさんの御礼の品をもらいました(笑
不思議な事ってあるんですね…。
最後に、長くなってしまった上にあまり怖くないかもしれなくてごめんなさい。sage忘れすみませんでした。

ほんのりと怖い話スレ 136

また、肩凝りの佐藤さんのエピソードと、この肝試しのエピソードで憑依される女の子に体質的に共通するのは、「人が良い」「性格的に受動的=押しが弱い」といったところだろうか。

参考 2:肩凝りの佐藤さん外伝「心霊写真について」

652:本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 03:14:38 ID:t7pdO0crO

肩懲り外伝?
-相手の立場-

肩こりを投稿した者です。
私の話が面白く読んでいただけたみたいでありがとうございます。
肩こり読んでもらえるとわかると思いますがこれはあの見える友人から聞いた不思議な話。

佐藤さん騒動の後、事の説明と御礼も兼ねて友人を呑みに誘ったんです。
「佐藤さんの肩こりが無くなったよ。」
と報告すると
「あっそれは何よりだよ」と喜んでました。
「あたしものっかっている奴らがみんなあんな表情してるから
ちょっと今回心配だったんだよね。」
と友人。
「あんな表情?」
私がそう尋ねると友人はこんな話をしてくれました。

その友人の話とは…
あたしは元々そういう力が強いのかどうなのかわからないけど…
物心ついた事から普通の人には見えないものが見えてて。
小さい頃なんかは見えてるものはなんなのかわからなくて
周りの人に聞いたりしてたけどさ、
その行為自体、見えない人にはさっぱりでしょ。
変人扱いされるのが普通だよね。
だから見えていてもその事は人には言わないようになったけどさ。
見えない方が幸せだよ、ほんとにさ。
話ちょっと愚痴っぽくなって来てるね、ごめんごめん(笑

653:本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 03:16:51 ID:t7pdO0crO

肩こり外伝2

それでそんな感じのまま、中学高校大学と過ごして今な感じなんだけどさ。
高校の時ね。
友達の撮った写真に霊が写ったんだよね。
うん、心霊写真てヤツ。
その写真、おばあさんみたいな人が写っててね、
友達の顔の上にさ。
そのおばあさんニッコリ笑ってた。
友達はきっと先祖の誰かが写って自分の事守ってくれてるんだ!
て思ったみたいでその写真大事にしてたよ。
あたしはなんだか嫌な写真だな…とか思ってたけどさ、
確かにおばあさん笑ってるし、あたしの気のせいかなー。
とか思っててさ。
でもその友達、それからすぐ交通事故であっけなく亡くなっちゃってさ。
あたしその時やっぱり嫌な写真で連れてかれたんだ…なんて思ったけどさ。
でも笑ってたのになー?とも思ったけどね。
それで連れていかれたとするとおばあさんどうして笑ってたんだろう?
て事を考えるようになってさ。
そんである時さ、
合点がいくような考えに行き着いてさ。色々見たけど多分この考えは間違っていないと思う。
連れていきたい側の目線で見るとさ。
連れていきたいんだけど連れていけないとかになるとストレスだよね。
人間みんなそうだよね。

654:本当にあった怖い名無し:2005/08/03(水) 03:19:09 ID:t7pdO0crO

肩こり外伝3

でもさ。
連れていきたいし連れていけるってなるとさ、望み叶ってるから不満もないし
叶ってるから嬉しいよね。
嬉しいと笑ったりするよね。
そういう事。

…これを聞いて私は鳥肌立ちました。
連れていきたい側の目線だと
確かに連れていけるって事はこの上ない幸せですよね…。
だから笑ってるんですね…。
そして、
「佐藤さんの時も笑ってたの?」
と私が聞くと友人は
「うんうん。みんなとてもニコニコしてたよ。」

肩こり外伝はこんな話です。
知らない人が笑って写ってる心霊写真は気をつけた方がいいって友人は言ってました。
あまり怖くなくてすみません。
読んで下さった方ありがとうございます。

死ぬ程洒落にならない怖い話しを集めてみない?105

個人的に心霊写真は眉唾モノだと思っている。UFO やネッシーやイェティの写真並みに、デジカメが普及し、インターネットでメディアも普及する時代になると、廃れていった気がするから。昔の銀塩写真の時代は、心霊写真が、二重露光のような写り方で騒いでいたのに、デジカメ時代になって、光のパーティクルで「オーブだ! オーブだ!」と、CCD 特有の現象にシフトしている件からも、怪しいと思っている。何よりもそうやって騒ぐ人の感性の方が一番怪しいと思っている。

コメント

このブログの人気の投稿

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパともの先見の明

シークエンスパパとも 本物の霊能力