シークエンスパパとも 本物の霊能力

シークエンスはやともを知ったきっかけ

TV を見ない僕がシークエンスはやとも(YouTuber。吉本興業所属)の存在を知ったのは、今年の春(3 月か 4 月)の頃だったと思うが、YouTube でふと宜保愛子の動画を探していて、彼が宜保愛子を称賛するものを見つけて以来だったと思う。

それ以来いくつかの彼の動画をちょくちょく観るようになって、彼の霊能力が父親(シークエンスパパとも)譲りであり、パパともも息子のはやともに勧められて(癌闘病の傍ら)YouTuber として活躍していたのだが、残念ながら今年 1 月末に逝去していた、ということなどを知るようになった。

シークエンスパパともを知ったきっかけ

はやとも流れでパパともの動画を観るきっかけになったのは、画面脇のお勧めに出ていた親子対談の動画を見たのが切っ掛けだった。

そこでのパパともの宮本武蔵に関するコメント(「晩年の宮本武蔵は一生懸命仏像を彫ったりしていたが、(若い頃)子供の道場主を殺したりしていたことによる怨霊は除霊できなかった」)に少しシビれた。息子のはやともが、まだ若いせいもあって、ちょっと話がマクロな(思想論や社会論的な)方向に行くと、厨二病的な傾向があるのには食傷気味な感じがあった。一方で、パパともの宗教・倫理観的な考えの方がその点、人間的な深さを感じるものがあったので、それがパパともに興味を引かれたきっかけだった。

パパともの霊能力に衝撃を受けた理由

そこで、初めて、パパとものチャンネルの動画もいくつか観たりしたのだが、「未解決事件を霊視する」という中々に攻めた企画を初期にやっていて興味深かったのだが、中に、上野の不忍池での事件(僕自身はこの 2006 年の事件については知らなかった)を扱ったものがあった:

「あっ!」と思ったのが、奇しくも前日(2023-06-28)、全く別のチャンネルの別の動画で、霊媒師が同じ事件を霊視するという企画のものを観ていたのだった:

千原せいじの YouTube チャンネルで、彼がコラボをしている飯島唯という通称・ギャル霊媒師の方が霊視をしている。

パパともの動画は 2021-05-12 と 2021-05-15 に公開されたものであるのに対し、ギャル霊媒師の動画は 2023-06-28 公開であり、僕はたまたま公開当日に YouTube のお勧めに上がってきたので、観ただけである。

パパとも
  • 自殺ではない
  • 別の場所で暴行を受けて弱った状態でここに来た
  • 犯人は 40 代男性
  • 被害者と犯人は知り合い同士
  • 被害者は犯人を裏切って恨みを買っていた
  • 被害者(の霊)は犯人が逮捕されることを望んでいない(未解決のままであることを望んでいる)
ギャル霊媒師
  • 飲んでいて仲間内で喧嘩になった
  • 直接的な殺害をされたわけではない
  • 酔っていたのと頭を殴られた怪我から、池の畔で寝ていて、そのまま落ちて溺死
  • 直接的死因は溺死(つまり事故)なのに、死体に怪我があったために、警察で事件と疑われた
  • 未解決のままになるだろう

全く偶然(シンクロニシティ的)に、2 人の霊能者の霊視結果を照合することになったのだが(かろうじて、千原せいじも、シークエンスはやともも、吉本興業である、というつながりくらいしか、これといった共通点はなく、時期的にも両者が示し合わせているとはとても考えられない)、この一致については、両者(パパとも・ギャル霊媒師)の霊能力の本物ぶりを、意図せずに知らしめられることになった。

左脳的な短絡思考タイプの人間は、これでむしろ違いの方をギャースカ言うのかもしれない。僕はこういう場合、右脳的に、ある〝立体的な〟真相があり、それを複数の人がそれぞれの角度から眺めた一面を語っている(「群盲象を評す」状態)、と考える。

Ms Sarah Welch / CC-BY-SA-3.0

霊能者と言っても、(左脳型人間が考えるような)正答そのものが直接わかるという全能者のようなものではないと思うので、それぞれの霊感によって垣間見えたヴィジョンや幻聴などをヒントにして、それらを繋ぎ合わせる背景を類推して補完することでストーリーを組み立てて語っていると思う(もちろん「群盲象を評す」から単に外れる偽霊能者もたくさんいる)。

そういう点で、類推補完した部分に多少のズレは生じているものの、本件のパパとも・ギャル霊媒師の見ている真相というのは、互いに矛盾はしておらず、両者の能力が一定レベルのものであることを物語っていると思う。

コメント

このブログの人気の投稿

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパともの先見の明