遺骨を食べる

動画 2 話目:

248:本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 00:58:01 ID:EInYraJv0

先日亡くなった、友人Aの話。

当時小学生だったAの父方のお祖母さんが亡くなった時、叔父さんが骨壷を持って逃げた。
すぐに捕まったらしいが、「どうしても欲しくなって、気がついたら抱えて走っていた」と言ったそうだ。
母親の遺骨を形見に欲しいというんじゃない、骨壷の入った袋を抱えて連れ戻された叔父の姿は、それまでの彼とは別人のようだったらしい。
明るくよく笑う人だったのに、つい数時間前に式場で話した時とは明らかに顔色が変質していたんだと。

それから数年が経ち、3年前Aの叔父は事故で亡くなった。
件の日から徐々にやつれていった彼は、運転中に貧血を起こしたのか運転を誤ったようだ。
そして叔父の葬儀の後で、やけに青ざめて顔色の悪いAが俺の家に来て前述の出来事を話してくれた。
俺はそれがお前とどう関係があるんだ、と嫌な予感を覚えながら訊いた。
するとAは目をあちこちに彷徨わせながら、ポケットから歪な赤茶けた塊を出した。
大部分は黄色がかった白で、ところどころに赤茶が散ったそれはかすかに異様な臭いを放っていた。
Aは、泣きそうに震えた声で「叔父さんの骨、取ってきた…」と告白した。
本人もよく分らない衝動だったそうで、骨壷から取ってきた一欠けらの骨をAは掌で明らかに持て余していた。
なのに、絶対に手放そうとはしない。
それどころか、定まらない視線で骨を見てはどうも咽喉を鳴らしている。
Aはずっと理解できなかった叔父の奇行の意味が今なら解かる気がすると、とうとう泣きながら呟いた。

249:本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 00:59:19 ID:EInYraJv0

「これを、食べたい。食べたくて食べたくてしょうがない。気持ち悪いのに」

どう見ても尋常ではなかったから、俺は慌ててAの手から骨を引っ手繰り「しっかりしてくれ」と怒鳴った。
でもAは子供みたいに頭を振って泣き、俺から骨を取り戻そうとする。
普段はのんびりとして運動神経もそれほどよくないAが、涙で汚れた顔を歪めて飛びかかってくるなんて思ってもみなかった。
呆気に取られて突っ立っていた俺から骨を取り戻すと、Aは急に正気の顔に戻って何度も謝ってきた。
Aの豹変には驚いたが、可哀想なくらいの動揺ぶりに俺は構わないと答えた。
むしろ悲しかった。優しい、おっとりとした奴だったのにと。
気の利いたことは何も浮かばず、折りをみて返すようにとだけ言ってその日は別れた。

それからはなんとなく会うことも少なくなり、気にはしていても連絡をとるには至らなかった。
だけど、Aは亡くなった。
叔父と同じく、あの日を境にどんどん衰弱していった末に電車を待っている時にホームへ転落してしまったそうだ。
散々に後悔しつつ葬式には出た。

後日、後悔に耐えきれず、Aのお兄さんに生前打ち明けられたことを話した時に、今回逃げ出したのはAのいとこの小学生の女の子だったと聞いた。
彼女はただ無邪気に「欲しかったの」と笑ったそうだ。

こんなことって、そうあるもんだろうか。

258:本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 14:11:14 ID:kKvnji/d0

>>248-249
>大部分は黄色がかった白で、ところどころに赤茶が散ったそれはかすかに異様な臭いを放っていた。
って、生焼けだったんか?
普通、火葬した骨はからからに乾いていて、臭いなんてしないぞ。ただの焼けたカルシウム。
食べたいという衝動に駆られるのも、実際に食べるのも、実はそう珍しい事ではない。
(カウンセラーや精神科医に訊いてみれば判ると思う)
「大した事じゃねえ、食いたければ食え」と、飲み易くw粉にして食わしてやれれば良かったかもな。
変な自己暗示に掛かって、挙句に自殺したんだとしか思えん。

その点、小学生の女の子なら、色々と智恵やら常識やらが付く前だから、意外と大丈夫かも。

267:本当にあった怖い名無し:2008/07/28(月) 23:05:20 ID:EInYraJv0

>>258
それが、やけに臭かったんだ。
煙草で髪の毛を焼いた時に臭ったのとよく似てた。
あんまりそういう知識がないし、まだ自分の親類で亡くなった人がいないから焼けた骨を見たのはあれが初めてだった。
だから骨って白いもんだと考えてたから、ぱっと見は汚れた軽石みたいに見えた。
どの部分だったのかも、聞けなかった。
ていうか、食べたいって思うのは意外によくあることなのか。
でも人の骨だし、俺にはちょっと理解できない。
ましてあの時見たものを、臭いつきで食うってのはどうもなぁ。
今も漠然とした、生理的な嫌悪感を覚えるよ。
Aや叔父さんも同じような考えだったから、その衝動を受け入れられなかったのかもな。
でも、もっとちゃんと調べて言ってやれたらよかった。
そういえば粉にして飲む話ってなんだっけ、聞いたことある。
遊女かなんかだっけ?
いとこの女の子が食べたがったかは解からないんだけど、Aのお兄さんが「うちは時々そういう人がいるみたい」って言ってた。
あの子がAや叔父さんのように心をすり減らさないでくれるといいんだけど…赤の他人の俺には何ともできない。

でもそれとなくお兄さんに伝えてみる。ありがと。

ほんのりと怖い話スレ その50

要するに、取り憑かれたような状態になって、その(取り憑かれていた)人が死ぬと、遺族がその人の遺骨を食べたくなってしまい、食べることによって呪い(憑依)の継承が完了する、という形の呪いの伝播の一種である。

骨がどの部位か不明だったようだが、もし仙骨だったとすると、真気塾の北村和也(a.k.a. きこうし)さんの理論に合致する。

きこうしさんによると、先祖霊などの憑依霊は、生者の仙骨に染みのような邪気の形で潜在しているという(cf.「気でみるあの世とこの世」)。

「それが、やけに臭かったんだ」「骨って白いもんだと考えてたから、ぱっと見は汚れた軽石みたいに見えた」などということから、それが、染み付いた邪気による霊的なものだったとしたら、説明がつく。

そしてこのエピソードの場合、若い親族に憑依して、本体の染み付いた遺骨の仙骨そのものを物理的に食べさせることで、憑依の継承を完成させるのである。

きこうしさんの説明によると、仙骨レベルで潜在する憑依が移行する場合、通常は、性行為によって受精時に受精卵に対して行われるようだが、このように仙骨そのものを移行先の若い親族に食わせることによって、先祖霊の邪気が乗り移るという形態は、おそらく外法の一種だとは思うが、これはこれでありえるようで興味深い。

『Aのお兄さんが「うちは時々そういう人がいるみたい」って言ってた』とあるが、マンガ『進撃の巨人』で、先代を食べることで、そのまま巨人としての能力が次代に受け継がれるという設定にも通じるものがある。

また、マンガ『暴食妃の剣』では、仙骨を「闘骨」という名前で呼び、そこは「オド(生気)を闘気に換える器官」という設定になっている。悪い強者は他の人間を殺して闘骨を奪うことで、相手の力を取り込んでレベルアップするという物語の設定になっている。

きこうしさん説的には中々面白い設定のマンガだと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

シークエンスパパともの先見の明

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパとも 本物の霊能力