2020年2月12日水曜日

HTML ドキュメントのオフライン化

HTML ドキュメントをアプリ内の asset(場所は app/src/main/assets/ )として APK に内包して WebView で表示するサンプル。画像や CSS、HTML 同士の相対リンクも機能する。バックキーでリンクを戻れるようにもしている。

MainActivity

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.KeyEvent;
import android.webkit.WebView;
import android.webkit.WebViewClient;

public class MainActivity extends Activity {
    WebView webView;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        webView = findViewById(R.id.webView);
        webView.setWebViewClient(new WebViewClient());
        webView.loadUrl("file:///android_asset/index.html");
    }

    @Override
    public boolean onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event) {
        if (keyCode == KeyEvent.KEYCODE_BACK && webView.canGoBack()) {
            webView.goBack();
            return true;
        }

        return super.onKeyDown(keyCode, event);
    }
}

layout/activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<FrameLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context=".MainActivity">

    <WebView
        android:id="@+id/webView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />
</FrameLayout>

AndroidManifest.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="(パッケージ名)">

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@mipmap/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:roundIcon="@mipmap/ic_launcher_round"
        android:supportsRtl="true">
        <activity android:name=".MainActivity">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>

複式簿記システムの構築 2

複式簿記システムの構築 2 の続き。今回は、減価償却資産とそこから減価償却費を算出するためのシステムの構築について考える。スキーマ的にはこんな感じで十分か。

create table Depreciable_Assets (
 id integer primary key,
 name text,
 date date,
 value integer,
 depreciation_years integer,
 apportion real,
 description text
);

上を基にして Google Spreadsheets の表を作ってみた。仕訳帳と違って適宜更新するようなものではないので、Google Spreadsheets にする必要もなく、直接 TSV を作っても違いはない。

この表を基にして、その年度での減価償却費用を算出し、決算整理仕訳の処理の一環として組み込めばいいわけだ。

確定申告的には、上の処理は、国税庁側のシステムが行うので、自前で用意したとしても二度手間になり、どうしても必要というほどのものでもない。

2020年2月11日火曜日

Firebase Crashlytics

Firebase 推しの Google に従って Firebase Crash Reporting を導入したと思ったら、少し経ったら Google 都合で Crashlytics に変更を余儀なくされることになった。

Crash Reporting に比べて、結構、設定が複雑で、適当に一つ目に導入したアプリのプロジェクトを見て二つ目にも導入しようとしたら、意外と抜けていたので、公式の説明を一つ一つ確認してやるのが無難だと思った。Google の日本語のチームが糞なのか、単に日本語のサイトが糞なのかどちらかわからないが、Crashlytics の公式のページが Android を選択しても iOS の説明しか表示せず、内容以前にサイトの表示機能自体がバグバグだし、そういう問題がない場合でも Developers サイトの日本語版の情報は内容的にも大体が、古くて腐敗した有害ですらある情報だったりもするのであくまでも英語の公式ページを参照すべし。

また上記の通りに設定しても、依然として LogCat に Crashlytics 絡みの謎のエラーログが出ていたので、StackOverFlow で調べたところ、Firebase のコンソールでアプリの署名の SHA-1/SHA-256 のハッシュ値を登録しておいてその設定 JSON ファイルを使う必要があるとのこと。鳴り物入りで Crashlytics へ変更された割には、まだ全然洗練されてないような気がするのだが……。(この件も、英語版ではちゃんと修正されていた。日本語版情報が腐っているだけの話のようだ)