ニンゲンTVのヤバい心霊映像で気分が悪くなった……(その 2)

僕のニンゲンTV視聴に関する経緯と立ち位置

  • 座敷童(みやこ)に関するエピソードからニンゲンTVの YouTube チャンネルに足を踏み入れた
  • オカルト的な興味から心霊系の動画を観るようになったので、オカルトというよりは(口先でどのように綺麗事を言おうが)実際のところ単なる若者の不謹慎な 100% 興味本位の肝試し系のノリでしかない心霊スポット探索系の YouTuber は元々忌避していたので、ニンゲン TV の心霊スポット探索動画にしても見向きもしないで放置していたが、降魔師の阿部吉宏の物語に興味を惹かれるあまり、YouTube のお勧めに表示されるニンゲンTVの心霊スポット探索系動画もちょこちょこ観るようになった。
  • そうやって間も無く〝ニンゲンTV沼〟にハマり、こうなったからには、ニンゲンTVの過去の動画を全て観るしかないと思うようになった。心霊系に方向転換した時期以降のニンゲンTVの再生リストを過去から順を追って視聴中。阿部の加入前の時期の霊能者・山口彩さんの再生リストに衝撃を受け、現在、山形(2 度目)のシリーズに入ったばかり。
  • 原田龍二の書いた小説『精霊たちのブルース』も先日、読了した。
  • 女性の準レギュラーメンバーを加入させた件については批判的
  • 阿部は観察する対象、原田は視点を共有する対象として応援している
  • 天野ディレクターにはもっと、地上波テレビ的ではない YouTube 的なやり方を勉強して頑張って欲しい。原田・阿部を中心とする人間ドラマを演出するのは上手いと思うが、それ以外の演出がまだまだ YouTube の心霊系チャンネル向きのものではないと思う。いかんせん失敗を恐れず躊躇しないで新しい試みを続けて欲しい。

山形(2 度目)の最初のロケ地である廃ラブホテル

今回取り上げるニンゲンTVの動画はこれである:

巨大な顔

この廃ラブホテルは当初の予定になかったロケ地らしく、現地でスタッフが情報を仕入れて急遽行くことに決めたようだ。そのため、一番目に訪れたようで、ロケ地の〝ヤバさ具合〟は未知数なので考慮に入れられていなかった模様。

阿部が外から見えている窓や車の中などあちこちに霊体がいると指摘しているが、当然僕も原田龍二サイドの基本的には〝視えない〟側の人間。何もよくわからない。ただ、件の部屋(洋室ロマン)に行った辺りで、僕は頭痛を感じ始めた。阿部はモーテルの 1F 部分の駐車場の奥に「今ここにいましたね」と懐中電灯で指し示すが、まずここで 1 体目の心霊映像を確認した。

現地での阿部の様子からは、何か空間に自立している霊体がいるような口ぶりだが、ここで動画の映像上に捉えられたものは、木枠のようなものの後ろに大写しで迫る何者かの顔に見える状態の絵である。物理的には壁に埋め込まれたパイプのようなものがその瞳の部分を構成しているが、全体としてドアップになった顔として見える状態になるのは、阿部が現地で視た霊体と関連しているのだろうか?

ちなみに、この動画を視聴し終ってから、コメント欄に全て目を通して確認してみたが、この大きな顔について、指摘している視聴者はいなかった。

ベッドに座る老男女

問題の、原田が中に入るなり「ここ駄目だ」「気持ち悪い」と言い、ベッドにカメラと懐中電灯を向けた途端に「あ、ここいます」と言ったその部屋。ここについては僕も視聴中から頭痛が持続し、ベッドサイドの壁の鏡張りになった部分に、1 体の心霊映像を見つけた。視聴後、コメント欄を確認すると、非常に多くの視聴者も同様のことを指摘しているので、これは間違いないだろう。

僕が初視聴当日の夜に、画像を編集しようとして気分が悪くなって作業を断念したのは、この画像に関してである。

視聴したのは昼間だったが、その時一緒にいた友人に、キャプチャー画像を AirDrop で送って見てもらった。「ここにいるよ」って:

すると、友人の Mac の方が、画面の発色・輝度が鮮かなせいもあったのか、「もう 1 体左側にもいるように見える」と言われた。

そこでふと、思い付いて、画像自体の明るさを調整してみようと考えたのである。実は、これがいけなかった……orz

うぎゃーっ……

右側にお婆さん(?)の横顔と、左側にお爺さん(?)の斜め前方を向いた顔が視えるだろうか?

後にコメント欄を確認したところ、「ベッドの上、右にお婆さんで左にお爺さんで、正座している」と指摘しているものがあり、阿部さんがコメントに返答して、「自分にもそのように視えました」というやりとりがあったので、この映像のことを指していることは間違いないだろう。

ところで、僕が気分が悪くなった問題は、ここから先である。もう 1 体いる……。

画像の明さをイジらなければ全く気付かなかった、元の画像では暗闇の中に潜んでいた、コイツは何だ!? これ、ヤバない?

般若面(それともオペラ座の怪人?)にも見えなくはないが、コイツは多分、ヤバい奴。

事態を余計に悪くするのが、現場の阿部さんは老男女の霊体には気付いていた一方で、このヤバそうな奴を見逃してしまっている件である。降魔師の手から逃れるため、阿部さんの前では姿を隠していたのかもしれない。ただの男女の亡霊がここまでの霊障をニンゲンTVクルーに及ぼせるとは考えにくく、それもあのタフな霊的 HP を誇る原田までもが、体力万全の状態で臨んでいる 1 箇所目のロケ地でこのような状態に陥っている。かなり強力な悪魔と考えていいのではないだろうか?

そして、阿部さんの目を逃れることで、阿部さんの動画に対する「お祓い」の対象となることからも逃れている。そのため、視聴者の不調を訴えるコメントが多数散見されたのも、理解できる気がするのである。

撮影の流れ的に、複数のロケ地がこの後に控えているということもあり、それともそれも悪魔によるスタッフに対する影響もあったせいなのか、クルーは早々にこの場所を退散することにして、阿部によるお祓いもメンバーに対するもので、その老男女に対する浄霊などは行われた様子もなく、この場所での動画は終了する。

(他の人気のある心霊スポット探索系 YouTuber などを参考に考えてみても)こういう場所をこそ、一晩かけてでもじっくりと定点撮影などして臨むべきではないかと思うのだが、残念ながら、「場所」を丹念に撮影することよりも、「人間(原田・阿部を始めとする登場人物)」のドラマを重視する撮影スタンスなため、このような非常にヤバそうな、ある意味、心霊スポット探索系 YouTube としては〝美味しそう〟なネタを前にして、あっさりと引き上げ、次のロケ地に向けて移動しまう。何と勿体無い……。

阿部曰く「穢れがすごい」との評であったが、その穢れ・瘴気の発生源である悪魔と、阿部&ミソカとの対決を見たかったと思うのは、僕だけではあるまい。

今でも、我々視聴者が、撮影当時の動画を観て、その瘴気に触れて気分が悪くなってしまうのは、おそらく、その悪魔は今現在もその山形の廃ラブホテルで、野放しになったまま(隷属させている老男女の霊ともども)健在だということを意味しているのではないだろうか。

未だかつて、我らが原田龍二兄のクールな美顔をここまで歪めさせた例(霊?)はあっただろうか? コウモリが巣喰っていたことからすると、ヴァンパイア系の悪魔の可能性もあり、体力を強力に吸い取るのかもしれない。老男女の霊も、もしかしたら、元々は若い男女の霊で、このヴァンパイアに使役されて生気を吸い取られた成れの果ての姿なのかもしれない。

そろそろ編集作業を通じて頭も痛くなってきたので、この記事はここで筆を置きたいと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

シークエンスパパともの先見の明

清水俊史『上座部仏教における聖典論の研究』

シークエンスパパとも 本物の霊能力